引っ越しでのゴミ回収・不用品処分の業者探しなら不用品回収業者ランキング|回収専科

関西エリア特化

口コミなどをもとに不用品回収遺品整理ゴミ屋敷整理業者を徹底比較!信頼できる回収業者10社を厳選!

大阪・兵庫・京都 安さ!スピード!対応力で選ぶ! 不用品回収業者 信頼性&お得ランキング

当サイトでは、もしもの時に遺族の方が安心して依頼できる
“信頼性の高い優良遺品整理業者”
おすすめランキング形式にてご紹介しております。

  • どこに頼めばいいかわからない
  • 信頼できる業者の見つけ方がわからない
  • 融通の利く業者を知らない

そんな悩みを抱えているのなら、ぜひこのページをご覧ください。

当日回収OK!スピード対応!明朗会計!
信頼できる回収業者TOP5社はこちら

リセット!

0120-597-494

(電話受付時間/8:00~20:00)

サービスの特徴

おそうじ本舗正式提携業者!安心・安全で選ばれています。

    おそうじ本舗正式提携業者 顧客満足度98% 女性スタッフ在籍 業界最安値保証 最短30分で回収
料金 ★★★★★ 業界最安値保証と記載あり!遺品整理・ゴミ屋敷の片付けも、他社の見積書より安くを保証!
安全性 ★★★★★ ハウスクリーニング大手おそうじ本舗と提携。各地の産廃免許保有。古物商記載あり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 女性スタッフ在籍。見積や作業指示も行うようなので女性も安心。
丁寧さ ★★★★★ 電話対応、メール、LINE、どれでも丁寧に対応してくれます。ハウスクリーニングは提携先のおそうじ本舗が対応。
スピード ★★★★★ タイミング合えば最短30分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

料金の安さは、他の会社でも前面に出してきていますが、この会社ははっきり他社の見積書を明示することで値引を行うといっているので信憑性が高いです。単なる〇〇一!とか〇〇No.1という表記の裏付けがあるということですから。 また、お掃除大手の「おそうじ本舗」の正式提携業者になっているのも信頼性という点で安心できるところです。一般に上場企業は取引をするのに審査が必要です。これをクリアしているのはしっかりとした会社と判断できます。

クリーンエイト

0120-699-476

(電話受付時間/記載なし)

サービスの特徴

パック料金で安心!電話1本ですぐ回収してくれる

    安心の定額制! 追加料金なし 即日回収OK 遺品整理にも対応
料金 ★★★★★ 追加料金なしのパック料金の設定あり!キャンセルも無料でできるので良心的!
安全性 ★★★★★ グループ会社に工務店があり、ウイルス対策で注目の光触媒の施工も可能!
女性スタッフ有無 サイト上に記載なし
丁寧さ ★★★★★ 待ち時間なく適切なプランを分かりやすく案内してくれます。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

親しみやすいページの作りで、この業界に特有のギラギラした感じがないのが好感がもてます。 なにかと項目が加算されて料金が高くなることもすくなくないのですが、パック料金の設定があるので物量によってはお得になるケースがあります。

エコループ

0120-000-970

365日24時間

サービスの特徴

買取サービスに強く、回収料金の一部相殺可

    支払方法が豊富。電子マネー対応の幅が広い。 片づけ作業中の事故にも保険で対応。
料金 ★★★★ 買取サービスで回収料金の相殺可能。
安全性 ★★★ 損害賠償保証金額 最大5000万円。古物商登録あり。
女性スタッフ有無 サイト上に写真はあるが在籍不明。
丁寧さ ★★★ 遺品整理のメニューあり。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★★ 現金、クレジットカード、paypayなど電子マネー対応。

ハウスクリーニング専門スタッフ在籍なので汚れがひどい場合はおすすめ。

パワーズ

0120-448-021

(電話受付時間/夜7時まで)

サービスの特徴

丁寧な仕分けがモットー。

    仕分けで出てきた貴重品や重要書類を、ご遺族または関係者に送付するサービスあり。 デジタル遺品整理サービスあり。
料金 ★★★★ 基本料金、最低3300円~。定額プランあり。
安全性 ★★★★ 不動産事業を行う会社が母体です。グループ会社にリサイクルショップあり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 在籍あり。自己紹介記載。
丁寧さ ★★★★ 養生、拭き上げなど対応。
スピード 時間指定などに関する記述はサイト上にありません。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。振込など応相談。

形見分けや貴重品捜索など手間のかかる作業の依頼も可能。どこから手を付けていいのかわからない場合など丸っと依頼するのは手かもしれません。

エンジェリック

072-658-7771

8:00~22:00

サービスの特徴

遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。

    遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。
料金 ★★ キャンセル料金あり。
安全性 WEBサイトが暗号化対応でない。
女性スタッフ有無 ★★★ 出来る限り対応。
丁寧さ ★★★ サイト上に細かい記述があり想像しやすいが事前準備が面倒そう。
スピード ★★★ 即日対応、夜間、深夜対応可能。
支払方法 当日現金のみ。

ハウスクリーニングサービスを強くアピールしている会社なので、品物を出した後の方を重視したい場合、この業者との相性が良いと思われます。

「兵庫で遺品整理を頼むならどんな業者に依頼したらいいんだろう」
「遺品整理業者が沢山あって、どの業者に依頼したらいいのかわからない」
とお思いになったこともあるかと思います。
兵庫県は人口547万人を有し日本の人口ランキングでは第8番目となります。神戸市という古くから栄えた港湾都市を持ち早くから西洋化が行われていた一方で、日本の名城ランキング1位獲得の姫路城を有する姫路市を抱え歴史的にも魅力的な県です。古くて新しいこの県は当然遺品整理を行っている業者も数多くいます。
しかしながら、その提供されるサービス内容・品質も業者にはばらつきがありなかなか業者選定の難易度は高いと言えます。
単純に「電話で提示された見積金額が安かったから」という理由で依頼をした業者が本当は悪質な業者で、不法投棄問題、高額請求問題等で悪名が高い業者の可能性も少なくありません。
大事な方の遺品整理を行って後悔しないために、回収専科では選りすぐりの遺品整理業者を徹底的に比較ししてランキング形式でまとめました。

回収専科が優良な
兵庫の遺品整理業者の選び方をご紹介

選び方のポイント①

兵庫県の優良遺品整理業者はどんな業者?

兵庫で優良な遺品整理業者を安心して選ぶ為に必要なポイントとは?
次にあげる3つのポイントが重要な決定要素になると思います。
●信頼性
遺品整理が単なる不用品回収と異なる点は単純な不用品処分の作業ではないところにあります。
遺品整理には様々な場面が考えられます。対象となる故人がこれまで生活していた中からのお品物の整理になります。この場合は貴重品や思い出の品の捜索などが必要になるケースが考えられます。
このようなデリケートな作業を心配することなく依頼できる業者を選ぶことが、安心安全な遺品整理の第一歩であると言えます。

選び方のポイント②

●費用面
葬儀やその後の対応などで一時的にかかる諸費用は予想以上に大きいものです。
葬儀費用、お墓、手続きなど合わせると意外と総額がかさみ一説によれば300万円以上の負担となることもあるそうです。日常性のある費用ではないので、その時になっていざ調べてみてその合計金額に驚くというお話は少なくないといいます。
出来る事ならば、最小限の出費に抑えてゆきたいところです。
遺品整理を依頼する場合は業者により大きく費用が変わってきますので、よく比較して最終的にはどの程度の金額が必要なのか確かめてから依頼するようにしましょう。

兵庫県の安心できる遺品整理業者の費用

選び方のポイント③

兵庫県の信頼できる遺品整理業者の付加サービス

●オプションサービス
遺品整理は相続問題と不可分になるケースが少なくありません。
このため不動産売却にともない必要となった遺品整理になることがあります。
この場合、遺品整理後の不動産物件は売却先に渡るために、残された遺品などの家財や残置物をそのままにしておくことは出来ませんし、まず物件として売りに出すためには、中を空にして空家状態にする必要があります。(中古物件で不用品付きという物件はまず見ないですよね)
さらに単純な片付けや不用品の回収のみならず、作業後の原状復帰的な清掃は必須です。遺品整理業者の中にはハウスクリーニング作業まで総合的に請け負う所や、自社ではなく信頼性の高い大手ハウスクリーニング業者と提携している業者もあります。作業後の事を考えて業者選定を行うことで売却までの手間を減らすことが可能になります。
また、その前段の遺産相続等に係る相談を出来る弁護士や行政書士等との業務提携を持っている業者もいます。
すべての事をまとめて依頼したいとお考えならば、こういった業者を選ぶのも賢い選択です。

遺品整理業者へ依頼した場合の流れ

兵庫で遺品整理業者へ遺品整理を依頼する際の流れはおおよそ次のようになります。

遺産分割協議書の作成

兵庫県 遺産分割協議書の作成

遺産として遺品の中から相続に関連するものを明確に選別する必要があります。
法律上では、故人の死を知りえてから3年以内にこの書類を作成し、相続財産を明確にして届け出をする必要があります。この時財産の総額から相続の割合を確定し、相続人のそれぞれが相続した応分の財産に係る相続税を収める必要があるからです。この作業で形見分けのための要不要が確定すると言えます。この時点で不要となった品物に対しての遺品整理を業者に依頼して回収という流れになります。
なお、この遺産分割協議書には相続人全員の同意が必須で、相続人それぞれが実印を押印し所持することとなります。
なお、あらかじめ弁護士の手による遺言書が作成されており財産分与に関しての指定があればこの限りではありませんが、もし遺言書に不記載の財産が発見された場合には別途この書類の作成の必要となりますので注意が必要です。

遺品整理業者の選定

業者の具体的な選定は意外と難しいものです。
ポスト投函のチラシ業者に頼んだら残念な結果に終わってしまったという話はよく聞かれます。国民生活センターに寄せられる遺品整理関連の相談の多くは、「チラシで入っている業者に頼んで多額の料金を請求された」というものだといわれています。また、素性のわからない業者に遺品整理を依頼すると、整理作業中に出てきた現金、貴金属などを報告せずに着服される恐れもあるのです。実際に片づけ中に数千万の現金や金塊、金貨などの貴金属類が発見されたというニュースを聞いたことはありませんか?
しっかりした社員教育をしている、アルバイトや派遣社員ばかりで作業を行わないというのも信頼できる業者の目安です。

兵庫県の遺品整理業者の選定

遺品整理にはこのような要素も含まれます

特殊清掃

兵庫県の特殊清掃

特殊清掃という言葉を耳にしたことはありませんか?通常のハウスクリーニングとは異なる技術水準が求められる清掃です。遺品整理作業にともなう特殊清掃は、いわゆる孤独死と呼ばれる状態で故人の死亡確認が遅れ、ご遺体の棄損状態が著しいお部屋などで行われるものです。
ご遺体の状態にもよりますが、発見されるまでにお時間が経っている場合は、ご遺体から漏れ出した体液や溶けた体組織により寝具の汚染がひどく、それだけではなく寝具の下の畳や床板に浸潤して建物の構造材にまで到達している場合があります。
ここまで状態が進むと、単純に汚染された寝具や畳などを除去するだけでは見かけの汚損に関して除去にしかならず、それに付随して発生し壁や床に染みついた「臭い」に関しては対策することができていません。状況によっては臭いの染みついた壁紙を剥離し、浸潤によって漏れ出た体液によって汚れた底面の表層コンクリートの剥離といった作業を行わなければ完全に臭いを除去するのは難しい場合もあるのです。このような場合は通常の原状復帰などに対応するハウスクリーニング業者では対応仕切れないケースになるので、特殊清掃専門業者に依頼することとなります。

家財整理や家財処分

遺品整理は亡くなった故人の家財を整理する作業となりますが、生前に自身が終活においてあらかじめ家財整理、家財処分を行う流れも昨今ではあります。一時期ブームとなった断捨離という言葉は、片づけに関する著作や、動画説明などのコンテンツを大量に生み出しましたね。
終活を考えるうえでミニマルな生活に移行するという意味合いでの整理もありますし、自分の死後に残された家族などに迷惑をかけたくないという配慮から発生した考えでもあります。
良く行われるタイミングとしては、老人ホームや専門の医療施設に移住する際などに家財処分を行い、相続に関する遺言書を作成するという流れでしょう。
早いうちから先のことを考え生前整理を行うことは最近ではよく行われるようになりました。
遺品整理業者では生前整理も請け負うところが多いようです。早めに相談すると悩みが早めに解消できるかもしれませんね。

兵庫県の家財整理

片付けや残置物処分、残置物回収

兵庫県の残置物回収

遺品整理は通常故人の遺族などが執り行うものですが、他に不動産会社や管理会社が行う整理もあります。
不動産の売却前に遺品整理が必ず必要になるというお話は、前項目でも記述しましたが、故人が賃貸契約時にその後の管理人を明確にしていないケースがあります。いわゆる独居状態で亡くなった場合の孤独死などがそれにあたります。この場合残された家財は残置物として撤去しなければならなくなります。
従来、契約時に指定がないと残置家財の所有権が明らかにならず長期にわたって物件の回転を妨げる事も少なくありませんでした。しかし2021年5月に国土交通省が新たに標準契約約款に残置物の処理に関する項目を設けました。賃貸契約を結ぶ時に、もしもの場合に残った家財を管理する第三者を指定することが盛り込めるようになりました。以前の標準契約書では遺族(係累)のみがその対象でしたが、保証会社などの第三者がその管理する者として指定が可能になったのです。これは、不動産オーナーにとって良い改訂であるとともに、いままでこういった事を理由として高齢者や生活弱者などの入居を渋る貸主に、これを明確にすることにより高齢者の独居や生活弱者が物件を借りやすくなるというメリットも生じさせたのです。

まとめ

故人との突然の別れで気持ちの整理がなかなか着きにくい時期に行わなけなければならない遺品整理。それに伴う色々な手続きを行わなければならず、余裕をなくしがちなのが一般的な感情かと思います。しかしながら遺品整理はそれらの手続きの総仕上げといったものとなるのでしっかりと向き合う必要があります。
まずは、法的な手続きをしっかりと終わらせるところから始めましょう。
専門家(弁護士や行政書士など)に依頼すると良いでしょう。専門家に依頼することによって様々な手続きが遅滞なく進み、見落としが生じる危険性を回避することも可能です。それらの目途が着いた後に行うのが遺品整理となりますが、その際にも専門性の高い業者を選ぶことによって費用圧縮のみならず、遺品の御供養や生前の意思を尊重した処分を行うことが可能になります。
しかしながらどこに頼めば良いのかはその時が来るまで思案せず周到な準備は困難です。
そんな時に役立つのが専門サイトによる比較記事などとなります。当サイトの専門記事を利用して悔いのない遺品整理をしていただければ幸いです。

地域別遺品整理情報

□兵庫県
西宮市/神戸市