引っ越しでのゴミ回収・不用品処分の業者探しなら不用品回収業者ランキング|回収専科

関西地区不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷整理業者を徹底比較!

失敗しない遺品整理業者ランキング

関西で回収専科がおすすめの遺品整理業者をランキング形式で5社をチョイスしました。

遺品整理と一言でいってもそのサービスの内容は業者によって非常にまちまちです。
自分が本当に必要としているサービスがあるかどうか見極めてから依頼しなければ、ともすれば2度手間3度手間になる恐れがあります。
回収専科では、遺族の方がどこに頼めば一番効率がよく、納得のできるサービスを受けられるかの見極めのお手伝いをいたします。
業者の信頼性、付帯サービスとしてどのようなものを提供しているのかなど必要とするサービスを最も効率よく見つけるために必要な情報をご提供いたします。

遺品整理とは?

亡くなった故人の持ち物を整理する行為を遺品整理といいます。

遺品整理とは?

故人の葬儀が済んだ後に考えなければいけない問題として残されたお品物の整理があります。要るもの要らないものを分別して形見分けを行い最終的に残ったものは処分する形になります。
複数世代が同居しなくなった昨今では、残された遺族が同じ地域に住んでいるとは限らないので、これらを最終的に処分しようと考えるといろいろな問題が発生してきます。粗大ごみを含むごみを自治体が処分するのは、処分する品物の持ち主がその自治体内に住んでいる事が前提条件であるため、時間をとって片づけを行い処分するのはなかなか難しいです。このため、信頼できる業者を見つけて依頼するのが時間と諸問題を解決するのにもっとも早い方法となるのです。

遺品整理の種類について

遺品整理に種類というものがあるわけではありませんが、必要とされる内容は遺族によって異なってきます。

相続に絡む遺品整理
遺言書などによって相続すべき資産が明確に指定されている場合は仕分けの必要はありませんが、そうでない場合は財産目録を作り、それに基づく分割協議を行わなければ残された物品の処分ができません。
賃貸物件での残置物としての遺品整理
孤独死などにより相続人不明のまま残ってしまった残置物は、そのままでは原状回復も行えず、次の借り手を探すこともできません。
孤独死や事件による特殊清掃が必要な遺品整理
体液や強い臭いが残っている場合、単なる片づけではなく対応するサービスが提供できる業者を探す必要があります。

エリアごとに相場は変わってくるのか?

遺品整理の金額の相場は、お住まいの地域が、関西なのか関東なのかという大きなくくりで変わることはありますが、大阪市と堺市のように近接した地域で価格が異なることはありません。
ただし、一部の自治体においては自治体が許可を発行した遺品整理業者がいる場合があり、その際には民間業者が行うより安い場合もあります。しかし現状ではその対応をしている自治体は非常に少なく、また料金の違いも大きな乖離はないようです。

見積りに料金かかるの?

多くの場合で遺品整理の見積もりを行う際に見積料金だけを単体で請求されることは稀です。ほとんどの遺品整理業者が無料で見積もりを行っています。ただし遺品整理の専門業者ではなく、葬祭業者などに依頼する場合は見積もり料金を設定されることがあるので注意しましょう。これは、実際に遺品整理を行うのが葬祭業者などではなく、遺品整理業者に片づけ作業と処分を委託するケースがあるため別途料金が発生するようです。
業者を決める際には複数の業者に見積もり依頼を出すのが最も納得度の高い料金になりますが、見積もり料金のあるなしは確認した上で見積依頼を行うようにしましょう。

遺品整理業者ランキング5選

回収専科独自の基準で選んだ関西の遺品整理業者を5社ご紹介します。

  1. リセット!

    リセット!

    合い見積もりにより他社より安く関西最安料金が魅力

    • 大手ハウスクリーニングのおそうじ本舗と提携しているので、作業後の清掃も安心。
    • ただ捨てるのではなく供養など寄り添いサービスがある。
    即日対応 ★★★★★ 電話やLINEのバックが早く日程が決まりやすい。
    供養 ★★★★★ 簡易的なものから本格的なものまで相談可能。
    買取 ★★★★★ 古物商許可表示あり、買取に関して例の表示がありわかりやすい。
    清掃(特殊) ★★★★ 自社ではないが大手おそうじ本舗と提携している。
    支払い方法 ★★★★ タイミング合えば最短30分で対応可能。
    支払方法 ★★★★ 現金・クレジットカード対応だが電子決済系の支払いが未対応。

    遺品整理に関して積極的な業者で専門のページを用意してケース別に説明があるのでサービスの内容がわかりやすい。また、各種オプションサービスにより手続きに関するサポート体制もある。

    公式サイト
  2. クリーンエイト

    クリーンエイト

    遺品整理もパック料金が設定されているので目安がつきやすいです。

    • パック料金の設定あり。
    • 光触媒でウィルス対策を行う会社との提携あり。長い間締め切りだとにおいが気なるケースがあります。
    即日対応 ★★★★★ 最短60分で到着可能。
    供養 サイト内に供養に関する記述なし。
    買取 ★★★★ 買取対応の記述あり。
    清掃(特殊) ★★★★ 清掃後の除菌処理として光触媒処理に対応。
    スタッフの質 ★★★★ 電話対応など早めの対応が感じられる。
    支払方法 ★★★★ 現金・クレジットカード対応だが電子決済系の支払いが未対応。

    親しみやすいページの作りで、この業界に特有のギラギラした感じがないのが好感がもてます。
    なにかと項目が加算されて料金が高くなることもすくなくないのですが、パック料金の設定があるので物量によってはお得になるケースがあります。

    公式サイト
  3. エコループ

    エコループ

    故人と遺族の思いにフォーカスしたページ作りで、葬儀後の作業のイメージがしやすいのが特徴です。

    • 支払方法が豊富。電子マネー対応の幅が広い。
    • 買取に強いので作業費用の減額に使えます。
    即日対応 ★★★ 即日対応可能。
    供養 ★★★★★ 合同供養のほかに自宅供養選択可。
    買取 ★★★★ 買取サービスによる料金相殺あり。
    清掃(特殊) ★★★ 特殊清掃の記述はないが、合わせてのハウスクリーニング依頼可。
    スタッフの質 ★★★★ 女性スタッフの在籍あり。
    支払方法 ★★★★★ 現金、クレジットカード、paypayなど電子マネー対応。

    リユース前提の買取なので故人が大事にしていたものなどが捨てられずに誰かの手にわたるのことが望みの場合はうれしいシステムです。

    公式サイト
  4. パワーズ

    パワーズ

    丁寧な仕分けがモットー。

    • 仕分けで出てきた貴重品や重要書類を、ご遺族または関係者に送付するサービスあり
    • デジタル遺品整理サービスあり。
    即日対応 ★★★★ 即日対応可能。
    供養 ★★★★ 合同供養あり。
    買取 ★★★★ 買取による相殺あり。
    清掃(特殊) ★★ 特殊清掃はないがエアコンの取り外しなど対応あり。
    スタッフの質 ★★★ 形見分けなどの選別サービスに対応できるスタッフあり。
    支払方法 ★★★★ 現金・クレジットカード対応だが電子決済系の支払いが未対応。

    形見分けや貴重品捜索など手間のかかる作業の依頼も可能。どこから手を付けていいのかわからない場合など丸っと依頼するのは手かもしれません。

    公式サイト
  5. エンジェリック

    エンジェリック

    ハウスクリーニングに強いので汚れがひどい場合は清掃の対応範囲が広いです。

    • 遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。
    即日対応 ★★★★ 即日対応記述あり。
    供養 ★★ サイト内に項目はあるがリンク先に飛べない。
    買取 ★★ 対応をうたっているがリンク先のページがない。
    清掃(特殊) ★★★★★ 無料のハウスクリーニングなど対応範囲が広い。
    スタッフの質 ★★★★★ ハウスクリーニングも内製で行うなど細かな対応が可能。
    支払方法 当日現金払いのみ。

    ハウスクリーニングサービスを強くアピールしている会社なので、品物を出した後の方を重視したい場合、この業者との相性が良いと思われます。

    公式サイト

最近の遺品整理業界の状況

高齢化社会が進み、遺品整理サービスはその必要性から重要度がどんどん高まっています。

業者数について

現在遺品整理サービスを業として提供する業者の数は、その需要の高まりとともに年々増加しており、その数は1万軒を超えるといわれています。
しかしながら、それを専業としている業者は実態としては少なく、従来不用品回収を行っていた業者が、そのサービスメニューとして展開しているケースが多いようです。
遺品整理を行った際、不要なものは処分しなければならない特性上、対応範囲の広い不用品回収業者が対応するのが一番手っ取り早いからでしょう。
とはいえ遺品整理には遺産相続のような法律に関連する内容も多く、信頼できる業者の選定は難しいのが現状です。

遺品整理を取り巻く状況

遺品整理サービスについては、近年高齢化社会の到来と共にその必要性が高まっています。それと共に前述したとおり急速に業者数が拡大し、サービスに対するクレームも増えています。必要性が高まっているにもかかわらず、法的な整備も追いついていないため総務省が令和2年に実態調査を行い、その内容を各省庁に通知している程です。
この通知を受け、国交省や厚生労働省など関係する省庁が具体的なアクションを起こしています。令和3年、国交省は賃貸サービスのモデル契約約款に独居老人などの孤独死の際に遺品を整理するために必要な条項を追加しました。これは、残置物(遺品)の処理を円滑にして空き家対策を根本的に行うための変更です。このように遺品整理というサービスはもはや国がその必要性を感じているサービスなのです。

相続との関連性

遺品整理と相続の相関性は非常に高いものです。個人が遺言書に相続のための目録をしたためていれば、その通りに処理すればよいのですが、残念ながら一般的に遺言書を残されて亡くなるケースは多くはありません。そのため相続を行ってから処分という流れになります。
この確定には相続人全員の同意が必要で、この同意に基づく書類を「遺産分割協議書」といいます。これを作成するには個人が残した資産をすべて洗い出す必要があります。現代ではパソコンやスマホの中にデジタルデータして記録が残っている場合もあり、しっかりと捜索をしたうえでないと知らずに捨ててしまうこともあります。これらを防ぐためには相続に関する事務手続きをしっかり行ったうえで遺品整理を依頼しましょう。遺品整理業者の中には弁護士や行政書士との連携サービスを行っているところもあります。そういったオプションサービスを持った業者に相談しながら進めるのも良いでしょう。

このように遺品と向き合うときにはただ処分するのではなく、向き合わなければならない諸問題があります。
それらを解決しながら整理を行うことが遺品整理という作業だといえるでしょう。故人とのお別れとしての心の整理、残された品物を整理することで不動産として活用できるようにする家財整理の側面。
不動産の業界においては残置物となってしまうことで物件が塩漬けになってしまうことを防ぐ意味でも、相続人のいない遺品を残置物として撤去する家財整理は高齢化社会においてますます重要な作業となるでしょう。一過性ではなく信頼できる業者と業務提携することも視野に入れてみて良いのではないでしょうか?