引っ越しでのゴミ回収・不用品処分の業者探しなら不用品回収業者ランキング|回収専科

関西地区不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷整理業者を徹底比較!

豊中市の遺品整理業者ランキング5選

回収専科がおススメする豊中市の遺品整理業者を選ぶポイント。

「豊中で遺品整理を頼むならどんな業者に依頼したらいいんだろう」
「遺品整理業者が沢山あって、どの業者に依頼したらいいのかわからない」
とお思いになったこともあるかと思います。
大阪市、堺市、東大阪市に次ぐ人口を抱えている豊中市には、遺品整理を行っている業者も多くいます。
提供されるサービス内容・品質も業者により異なり、そこには相当の差があります。
「見積もりの金額が安かったから」という理由で依頼をした業者が実は悪質な業者で、不法投棄トラブル、高額請求トラブルなどに巻き込まれた例もあります。
ご自身の大事な方の遺品整理。後悔をしていただかないために、回収専科では選りすぐりの遺品整理業者をまとめました。

回収専科が優良な
豊中市の遺品整理業者の選び方をご紹介

選び方のポイント①

豊中市で優良な遺品整理業者を選ぶにはどのようにしたら良いでしょうか?
これから3つに分けてそのポイントに触れたいと思います。
●信頼性
遺品整理が単なる不用品回収と異なる点は後者が単なるゴミとなるものが主体であるというところにあると思います。
それに対して遺品整理には様々な場面があります。今まで生活していた中からのお品物の整理になるので、貴重品や思い出の品の捜索などが必要になると考えられます。
こういった作業を心配なく依頼できる業者を選ぶことが、遺品整理の第一歩であると言えます。

選び方のポイント②

●費用面
故人の葬儀やその後の対応などで一時的にかかる費用は予想以上に大きいものです。
葬儀費用、お墓、手続きなど合わせると意外と総額が膨らむものです。日常関連性のある項目ではないので、その時になって改めて調べて合計金額に驚くというお話は少なくありません。
出来れば、それ以外の項目は出費を抑えてゆきたいところです。
遺品整理を依頼する場合、業者によって大きく価格が異なるのでよく比較して、最終的にどれくらいの金額がかかるのか見極めて依頼するようにしましょう。

選び方のポイント③

●オプションサービス
遺品整理は相続の問題に絡むことが少なくありません。
このため不動産の売却にともなう遺品整理になることがあります。
この場合、遺品整理後の不動産物件は人手に渡るために、残された遺品をそのままおいておくことは出来ませんし、まず物件として売りに出すためには、中を空にして空家状態にする必要があります。
また単なる片付けや不用品の回収だけでなく、作業後に原状復帰的な清掃が必要です。業者の中にはハウスクリーニングの作業までトータルで受ける所や、大手の信頼できるハウスクリーニング業者と提携している業者もあります。作業後の事を考えて業者選定を行いましょう。
また、その前段階の遺産相続等に係る相談を出来る弁護士や行政書士等とのネットワークを持っていてる業者もいます。
すべての事をまるっと依頼したいのならこういった業者を選ぶのも一つの手段です。

遺品整理業者おすすめ5選

回収専科がお勧めする豊中市の遺品整理業者5社をセレクト!

  1. リセット!

    リセット!

    合い見積もりにより他社より安く関西最安料金が魅力

    • 大手ハウスクリーニングのおそうじ本舗と提携しているので、作業後の清掃も安心。
    • ただ捨てるのではなく供養など寄り添いサービスがある。
    即日対応 ★★★★★ 電話やLINEのバックが早く日程が決まりやすい。
    供養 ★★★★★ 簡易的なものから本格的なものまで相談可能。
    買取 ★★★★★ 古物商許可表示あり、買取に関して例の表示がありわかりやすい。
    清掃(特殊) ★★★★ 自社ではないが大手おそうじ本舗と提携している。
    支払い方法 ★★★★ タイミング合えば最短30分で対応可能。
    支払方法 ★★★★ 現金・クレジットカード対応だが電子決済系の支払いが未対応。

    遺品整理に関して積極的な業者で専門のページを用意してケース別に説明があるのでサービスの内容がわかりやすい。また、各種オプションサービスにより手続きに関するサポート体制もある。

    公式サイト
  2. クリーンエイト

    クリーンエイト

    遺品整理もパック料金が設定されているので目安がつきやすいです。

    • パック料金の設定あり。
    • 光触媒でウィルス対策を行う会社との提携あり。長い間締め切りだとにおいが気なるケースがあります。
    即日対応 ★★★★★ 最短60分で到着可能。
    供養 サイト内に供養に関する記述なし。
    買取 ★★★★ 買取対応の記述あり。
    清掃(特殊) ★★★★ 清掃後の除菌処理として光触媒処理に対応。
    スタッフの質 ★★★★ 電話対応など早めの対応が感じられる。
    支払方法 ★★★★ 現金・クレジットカード対応だが電子決済系の支払いが未対応。

    親しみやすいページの作りで、この業界に特有のギラギラした感じがないのが好感がもてます。
    なにかと項目が加算されて料金が高くなることもすくなくないのですが、パック料金の設定があるので物量によってはお得になるケースがあります。

    公式サイト
  3. エコループ

    エコループ

    故人と遺族の思いにフォーカスしたページ作りで、葬儀後の作業のイメージがしやすいのが特徴です。

    • 支払方法が豊富。電子マネー対応の幅が広い。
    • 買取に強いので作業費用の減額に使えます。
    即日対応 ★★★ 即日対応可能。
    供養 ★★★★★ 合同供養のほかに自宅供養選択可。
    買取 ★★★★ 買取サービスによる料金相殺あり。
    清掃(特殊) ★★★ 特殊清掃の記述はないが、合わせてのハウスクリーニング依頼可。
    スタッフの質 ★★★★ 女性スタッフの在籍あり。
    支払方法 ★★★★★ 現金、クレジットカード、paypayなど電子マネー対応。

    リユース前提の買取なので故人が大事にしていたものなどが捨てられずに誰かの手にわたるのことが望みの場合はうれしいシステムです。

    公式サイト
  4. パワーズ

    パワーズ

    丁寧な仕分けがモットー。

    • 仕分けで出てきた貴重品や重要書類を、ご遺族または関係者に送付するサービスあり
    • デジタル遺品整理サービスあり。
    即日対応 ★★★★ 即日対応可能。
    供養 ★★★★ 合同供養あり。
    買取 ★★★★ 買取による相殺あり。
    清掃(特殊) ★★ 特殊清掃はないがエアコンの取り外しなど対応あり。
    スタッフの質 ★★★ 形見分けなどの選別サービスに対応できるスタッフあり。
    支払方法 ★★★★ 現金・クレジットカード対応だが電子決済系の支払いが未対応。

    形見分けや貴重品捜索など手間のかかる作業の依頼も可能。どこから手を付けていいのかわからない場合など丸っと依頼するのは手かもしれません。

    公式サイト
  5. エンジェリック

    エンジェリック

    ハウスクリーニングに強いので汚れがひどい場合は清掃の対応範囲が広いです。

    • 遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。
    即日対応 ★★★★ 即日対応記述あり。
    供養 ★★ サイト内に項目はあるがリンク先に飛べない。
    買取 ★★ 対応をうたっているがリンク先のページがない。
    清掃(特殊) ★★★★★ 無料のハウスクリーニングなど対応範囲が広い。
    スタッフの質 ★★★★★ ハウスクリーニングも内製で行うなど細かな対応が可能。
    支払方法 当日現金払いのみ。

    ハウスクリーニングサービスを強くアピールしている会社なので、品物を出した後の方を重視したい場合、この業者との相性が良いと思われます。

    公式サイト

遺品整理業者へ依頼した場合の流れ

豊中市の遺品整理業者へ遺品整理を依頼する際の流れはおおよそ次のようになります。

遺産分割協議書の作成

遺品として相続に関係するものを明確に区別する必要があります。
通常、故人の死を知りえてから3年以内に作成し、相続する財産を明確にし届け出をする必要があります。これは、財産の相続の割合を確定し、相続人のそれぞれが相続した分の財産に応じて相続税を収める必要があるからです。これにより形見分けのための要不要が確定しますので、ここで不要となった品物に対しての遺品整理を業者に依頼する流れになります。
なお、この遺産分割協議書には相続人全員の同意が必要であり、それぞれが実印を押印し所持することとなります。
なお、あらかじめ弁護士の手による遺言書が作成され死後の財産分与に関して指定があればこの限りではありませんが、もし遺言書に記載されていない財産が発見された場合は別途この書類の作成の必要がありますので注意しましょう。

遺品整理業者の選定

業者を探すのは実は意外と難しいものです。
チラシの業者に頼むと、残念ながら後悔するケースが少なくないようです。消費者庁に寄せられる遺品整理にともなう苦情の多くは、「チラシで入っている業者に頼んで多額の料金を請求された」というのが最も多いといわれています。また、背景のわからない業者に遺品整理を依頼すると、片づけ中に出てきた現金や貴金属を着服される恐れもあります。片づけ中に数千万の現金やインゴット、金貨などの貴金属類が発見されることもニュースで聞いたことがありませんか?
しっかりした社員教育をしている、アルバイトや派遣社員ばかりで作業を行わないというのも信頼できる業者の目安です。

遺品整理にはこのような要素も含まれます

特殊清掃

最近特殊清掃という言葉も耳にするようになりました。それでは特殊清掃とはいったい何でしょうか?遺品整理でいわれる特殊清掃は、いわゆる孤独死などにより故人の死亡確認が遅れ、ご遺体が腐乱状態になってしまったお部屋などで行われるものです。
ご遺体の状態にもよりますが、死後お時間が経っている場合漏れ出した体液や溶けた体組織により寝具が汚染されていたり、さらには畳や床板に浸潤して建物の構造材にまで及んでいる場合があります。
こうなると、単に汚染された寝具や畳を除去しただけでは見かけの汚損に関して除去は可能ですが、それに伴い染みついた「臭い」に関しては対策することができません。場合によっては臭いの染みついた壁紙をはがし、体液が下に漏れ出て浸潤によって汚れた底面の表層コンクリートの剥離といった作業を行わないと完全に臭いを除去するのは難しい場合があります。こういったケースでは通常の原状復帰などに対応するはハウスクリーニング業者では対応仕切れないケースになるので、特殊清掃を行える業者に依頼することとなります。

家財整理や家財処分

遺品整理は亡くなった故人の持ち物を整理する作業となりますが、その前に終活においてあらかじめ家財整理を行う流れも昨今ではあります。ひところ断捨離という言葉がはやり、片づけに関する著作を多く出したり、動画で説明する人も出てきました。
これは、終活を考えるうえでミニマルな生活に移行するという意味合いもありますし、死後に残された人達に迷惑をかけたくないという配慮から生まれた考えでもあります。
タイミングとして、老人ホームや専門の医療施設に移住する際に、家財処分を行い相続に関する遺言書を作成する人も増えて来ています。
これらを考慮して生前整理を行うことは最近ではよく行われるようになりました。
遺品整理業者は生前整理も行うところが多いようです。相談してみると悩みが早めに解消できるかもしれませんね。

片付けや残置物処分、残置物回収

故人の遺族が行う遺品整理の他に不動産会社や管理会社が行う整理もあります。
遺品整理が不動産の売却前に必ず必要になるというお話は、この前の項目でもお話ししましたが、故人が管理する人を明確にしている場合でないケースがあります。いわゆる独居の状態で亡くなる孤独死などがそれにあたります。この場合残ったものは残置物として撤去しなければならなくなります。
従来は、その所有権が明らかにならず長期にわたり物件の回転を妨げている事も少なくありませんでしたが、2021年5月に国土交通省が新たに標準契約約款に残置物に関する項目を設けました。賃貸契約を結ぶ際に、もしもの時に残った品物を管理する物を指定することが盛り込めるようになりました。以前は遺族のみがその対象でしたが、例えば保証会社などがその管理するものとして指定が可能になりました。これは、不動産の持ち主にとって良い改訂であるとともに、いままでこういった事を原因として高齢者などの入居を渋る貸主がいましたが、それが明確になることにより高齢者の独居や生活弱者が物件を借りやすくなるというメリットも生じています。

まとめ

遺品整理という場面に直面するときは故人との突然の別れという事実と向き合わなければいけない時でもあります。また、それに伴う色々な手続きを行う必要があり余裕をなくしがちですが、遺品整理はそれらの手続きの総仕上げといったものになります。
まずは、法的な手続きをしっかりと終わらせるところから始めるのが肝心です。
弁護士や行政書士など専門家を頼るのも良いでしょう。これらの専門家に依頼することで遅滞なく手続きが進み、手抜かりが生じる危険性を回避することもできます。その次に行うのが遺品整理になりますが、こちらも専門性の高い業者を選ぶことによって費用の圧縮だけでなく、故人の供養や意思を尊重した処分を行うことが可能になります。
一般的にどこに頼めば良いのかは、その時が来るまで思案しないものです。
そういった時に役立つのが専門サイトによる比較記事となります。当サイトの記事を利用して悔いのない遺品整理を!