引っ越しでのゴミ回収・不用品処分の業者探しなら不用品回収業者ランキング|回収専科

関西エリア特化

口コミなどをもとに不用品回収遺品整理ゴミ屋敷整理業者を徹底比較!信頼できる回収業者10社を厳選!

大阪・兵庫・京都 安さ!スピード!対応力で選ぶ! 不用品回収業者 信頼性&お得ランキング

当サイトでは、もしもの時に遺族の方が安心して依頼できる
“信頼性の高い優良遺品整理業者”
おすすめランキング形式にてご紹介しております。

  • どこに頼めばいいかわからない
  • 信頼できる業者の見つけ方がわからない
  • 融通の利く業者を知らない

そんな悩みを抱えているのなら、ぜひこのページをご覧ください。

当日回収OK!スピード対応!明朗会計!
信頼できる回収業者TOP5社はこちら

リセット!

0120-597-494

(電話受付時間/8:00~20:00)

サービスの特徴

おそうじ本舗正式提携業者!安心・安全で選ばれています。

    おそうじ本舗正式提携業者 顧客満足度98% 女性スタッフ在籍 業界最安値保証 最短30分で回収
料金 ★★★★★ 業界最安値保証と記載あり!遺品整理・ゴミ屋敷の片付けも、他社の見積書より安くを保証!
安全性 ★★★★★ ハウスクリーニング大手おそうじ本舗と提携。各地の産廃免許保有。古物商記載あり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 女性スタッフ在籍。見積や作業指示も行うようなので女性も安心。
丁寧さ ★★★★★ 電話対応、メール、LINE、どれでも丁寧に対応してくれます。ハウスクリーニングは提携先のおそうじ本舗が対応。
スピード ★★★★★ タイミング合えば最短30分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

料金の安さは、他の会社でも前面に出してきていますが、この会社ははっきり他社の見積書を明示することで値引を行うといっているので信憑性が高いです。単なる〇〇一!とか〇〇No.1という表記の裏付けがあるということですから。 また、お掃除大手の「おそうじ本舗」の正式提携業者になっているのも信頼性という点で安心できるところです。一般に上場企業は取引をするのに審査が必要です。これをクリアしているのはしっかりとした会社と判断できます。

クリーンエイト

0120-699-476

(電話受付時間/記載なし)

サービスの特徴

パック料金で安心!電話1本ですぐ回収してくれる

    安心の定額制! 追加料金なし 即日回収OK 遺品整理にも対応
料金 ★★★★★ 追加料金なしのパック料金の設定あり!キャンセルも無料でできるので良心的!
安全性 ★★★★★ グループ会社に工務店があり、ウイルス対策で注目の光触媒の施工も可能!
女性スタッフ有無 サイト上に記載なし
丁寧さ ★★★★★ 待ち時間なく適切なプランを分かりやすく案内してくれます。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

親しみやすいページの作りで、この業界に特有のギラギラした感じがないのが好感がもてます。 なにかと項目が加算されて料金が高くなることもすくなくないのですが、パック料金の設定があるので物量によってはお得になるケースがあります。

エコループ

0120-000-970

365日24時間

サービスの特徴

買取サービスに強く、回収料金の一部相殺可

    支払方法が豊富。電子マネー対応の幅が広い。 片づけ作業中の事故にも保険で対応。
料金 ★★★★ 買取サービスで回収料金の相殺可能。
安全性 ★★★ 損害賠償保証金額 最大5000万円。古物商登録あり。
女性スタッフ有無 サイト上に写真はあるが在籍不明。
丁寧さ ★★★ 遺品整理のメニューあり。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★★ 現金、クレジットカード、paypayなど電子マネー対応。

ハウスクリーニング専門スタッフ在籍なので汚れがひどい場合はおすすめ。

パワーズ

0120-448-021

(電話受付時間/夜7時まで)

サービスの特徴

丁寧な仕分けがモットー。

    仕分けで出てきた貴重品や重要書類を、ご遺族または関係者に送付するサービスあり。 デジタル遺品整理サービスあり。
料金 ★★★★ 基本料金、最低3300円~。定額プランあり。
安全性 ★★★★ 不動産事業を行う会社が母体です。グループ会社にリサイクルショップあり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 在籍あり。自己紹介記載。
丁寧さ ★★★★ 養生、拭き上げなど対応。
スピード 時間指定などに関する記述はサイト上にありません。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。振込など応相談。

形見分けや貴重品捜索など手間のかかる作業の依頼も可能。どこから手を付けていいのかわからない場合など丸っと依頼するのは手かもしれません。

エンジェリック

072-658-7771

8:00~22:00

サービスの特徴

遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。

    遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。
料金 ★★ キャンセル料金あり。
安全性 WEBサイトが暗号化対応でない。
女性スタッフ有無 ★★★ 出来る限り対応。
丁寧さ ★★★ サイト上に細かい記述があり想像しやすいが事前準備が面倒そう。
スピード ★★★ 即日対応、夜間、深夜対応可能。
支払方法 当日現金のみ。

ハウスクリーニングサービスを強くアピールしている会社なので、品物を出した後の方を重視したい場合、この業者との相性が良いと思われます。

「大阪で遺品整理を頼むならどんな業者に依頼したらいいんだろう」
「遺品整理業者が沢山あって、どの業者に依頼したらいいのかわからない」
とお思いになったこともあるかと思います。
大阪は人口270万人という大きな都市で、遺品整理を行っている業者も多くいます。
提供されるサービス内容・品質も業者により異なり、そこには相当の差があります。
「見積もりの金額が安かったから」という理由で依頼をした業者が実は悪質な業者で、不法投棄トラブル、高額請求トラブルなどに巻き込まれた例もあります。
ご自身の大事な方の遺品整理。後悔をしていただかないために、回収専科では選りすぐりの遺品整理業者をまとめました。

回収専科が優良な
大阪の遺品整理業者の選び方をご紹介

選び方のポイント①

大阪での遺品整理業者選定のポイント1

大阪で優良な遺品整理業者を選ぶこつというのはあるのでしょうか?
実はそれはあります。これからポイントを3つに分けて触れたいと思います。
●信頼性
遺品整理は単なる不用品回収と異なる点は単なるゴミの整理回収ではないという性格が最も大きいのではないでしょうか。
また、その整理に関しても様々な要素があるのも特徴です。今まで生活していた大量なお品物の整理となりますから、貴重品や思い出の品の捜索なども必要になるケースも多々あるのです。
こういったデリケートな作業を心置きなくなく依頼するためには、信頼できる業者を選ぶことからはじめるのが、遺品整理の第一歩であると言っても過言ではありません。

選び方のポイント②

●費用面
葬儀やその後の対応、事務的な処理などを含めて一時的にかかる費用は予想以上に大きいものとなります。
葬儀費用、お墓、相続などの事務手続きなど合わせると思った異常にと総額が膨らんできます。そもそも日常関連性のある事柄ではないので、その時当事者になって改めて調べることで、その合計金額に驚くというお話は決して少なくないのです。
そんなイレギュラーな支出は、出来れば極力出費を抑えてゆきたいところです。
さて遺品整理を民間業者に依頼する場合は、業者によって大きく価格設定が異なる物となっているのでよく比較して、最終的にどのような項目でそれぞれにどの程度の金額がかかるのか詳細な見積依頼を行い、見極めてから依頼するようにしましょう。

大阪での遺品整理業者選定のポイント2

選び方のポイント③

大阪での遺品整理業者選定のポイント3

●オプションサービス
遺品整理と相続の問題はほぼ同時に訪れると言っても良いかと思います。
そして相続した遺産である不動産の売却にともなう遺品整理がすぐに必要になることがあります。
この場合、不動産物件は人手に渡るために、残された遺品をそのまま残置することはあり得ませんし、まず物件として売却するためには、部屋の中を整理して空にし、空家状態にするのは必須です。
さらには単純な片付けや不用品の整理や回収だけではなく、遺品整理後の原状復帰的な清掃がなければ不十分です。このような需要から遺品整理業者の中にはハウスクリーニングの作業までを総合で受託する所や、大手の信頼できるハウスクリーニング業者と提携を行い完璧な仕上がりを提供する業者もあります。遺品整理作業の後の事を考えて業者選定を行う必要があるのです。
その他に前段階の遺産相続等に係る事務手続きや法的な相談を出来る弁護士や行政書士等とのネットワークで紹介できる業者もあります。
様々な面倒ごとをまるごとすませたいのならこういったトータル的なサービスオプションを持っている業者を選ぶのも賢い選択ではないでしょうか。

遺品整理業者へ依頼した場合の流れ

大阪の遺品整理業者へ遺品整理を依頼する際の流れはおおよそ次のようになります。

遺産分割協議書の作成

大阪 遺産分割協議書

遺産分割協議書を作成する為には、まず遺品の中から財産性のあるものを遺産として選別し明確にリスト化する必要性があります。
通常この書類は、対象となる相続人がその故人の死亡を知りえてから3年以内に作成しなければならず、相続する財産を明確に区分しリスト化して届け出をしなければならないという性格があります。作業の詳細としては相続する財産の総額から各々の財産分与割合を確定し、その後に相続人のそれぞれが相続財産の評価額に応じた相続税を収めなければならないという定めによって作成されるものです。形見分け後の要不要(財産性の有無)が確定するので、ここで不要となった品物に対して遺品整理を業者に依頼する流れとなります。
なお、この遺産分割協議書には相続人全員の同意が必須で、相続人の各々が実印を押印し所持することとなります。
あらかじめ弁護士の手による遺言書が故人の手により作成されていて、死後の財産分与に関しての指定がなされていればこの限りではありません。しかしながら、遺品整理の作業中などに、もしも遺言書に記載されていない財産が発見された場合には、別途この書類の作成の必要が生ずる可能性もありますので、その際には作成を忘れないように注意しましょう。

遺品整理業者の選定

信頼できる業者を選定するのは一般的には少々難易度が高いことかもしれません。
安易にポストに投函されていたチラシ掲載業者に依頼すると....
非常に残念ながら後悔するというケースが少なくないようです。現状で国民生活センターに寄せられる遺品整理にともなう苦情の多くが「チラシで入っている業者に頼んで多額の料金を請求された」というもので最も多い相談だといわれています。また、正体(素性)のわからない業者に遺品整理を依頼すると、遺品整理の作業中に出てきた現金や貴金属などの貴重品類を着服される危険性さえあります。遺品整理作業中に数千万の現金や金塊などのインゴット、記念金貨などの貴金属類のコレクションなどが発見されるたというニュースなどもみられるのです。
会社の情報をしっかりと公表していて、まっとうな社員教育をしている、アルバイトや派遣社員などの責任の所在が不明になりかねない人員ばかりで作業を行わないと表明しているのは信頼できる業者の目安といえます。

大阪 遺品整理業者の選定難易度

遺品整理にはこのような要素も含まれます

特殊清掃

大阪府 遺品整理に伴う特殊清掃

遺品整理の作業の中でいわれる「特殊清掃」とは、いわゆる孤独死などによりご遺体の死亡発見が遅れ、腐乱状態になってしまったお部屋などを対象として行われるものです。
発見時のご遺体の状態にもよるのですが、お亡くなりになってから長時間が経過している場合には、ご遺体から漏れ出した体液や溶解した体組織などにより寝具の汚染が発生したり、さらには布団やベッドを抜けてその下にある畳や床板へ浸潤し、建物の構造材にまで及んでいる場合もございます。
このような場合、単純に汚染された寝具や畳を除去するだけでは見かけの汚損に関して除去にしかならず、また、目に見える汚損とは異なり、それに伴って染みついた「臭い」に関しては対策することにはなりません。場合によっては異臭の染みついた壁紙をはがして貼り替える。体液が下に漏れ出て浸潤で汚損した底面の表層コンクリートの剥離(はつり)といった作業を行わなければ、完全に異臭と汚染を除去するのは難しいくなっている場合もあります。このようなケースにおいては、通常で行われる原状復帰などに対応のハウスクリーニング業者では対応仕切れない現場になりますので、このような大規模な特殊清掃に対応可能な業者に依頼することとなります。

家財整理や家財処分

遺品整理は文字通り亡くなった故人の持ち物を整理する作業ですが、本人が終活においてあらかじめ家財整理を行って持ち物をミニマルにしておくという流れも昨今ではあります。ちょっと前ですが「断捨離」という言葉が流行したのを覚えていますか?そのブームの中で片づけに関する著作が多く出版されたり、「断捨離」の方法を動画で説明する配信者も出てきました。
断捨離の中で終活は、ミニマルな生活に移行するという意味合いや、死後残された人達に片づけで迷惑をかけたくないという配慮から生まれた考え方とも言えます。
その家財整理タイミングとしては、老人ホームや専門の医療施設に移住する際などに、家財処分を行い品物を減らし、同時に相続に関する遺言書を作成するという人も増えて来ています。
このように生前整理を行うことは最近ではよく行われる行為となりました。
さて遺品整理業者では生前整理も相談に乗りって行うというところが多いようです。早めに相談してみると悩みが解消できるかもしれませんね。

大阪の家財整理や家財処分

片付けや残置物処分、残置物回収

大阪の残置物処分と残置物回収

遺品整理には他に不動産会社や管理会社が行う残置物処分や残置物撤去も含まれます。
遺品整理が不動産の売却前に必ず必要になる理由については、前項目でもお話ししましたが、相続人(故人が管理する人)を明確にしている場合でないケースがあります。それは、いわゆる単身独居の状態で亡くなってしまった孤独死などが該当します。この場合部屋に残ったものは残置物として、不動産の持ち主か管理会社が撤去しなければならなくなります。
従来は、遺産扱いで財産としてその所有権が明らかになっていないものは、およそ6ヶ月の長期にわたり補完しておく必要があり、物件の回転を妨げている事も少なくなかったのです。しかし2021年5月に「国土交通省」が新たに「標準契約約款」に「残置物に関する項目」を設けたのです。これにより賃貸契約を結ぶ際に、契約者のもしもの時に残された品物を「管理する者」を指定することが盛り込まれたものがリリースされたのです。従来はその遺族のみが対象とされていましたが(法的相続認の観点)、例えば保証会社などの第三者が管理するものとして指定することが可能になったのです。このことは、不動産の持ち主にとって物件の回転を妨げないという良い改訂であるとともに、いままでこういった事を理由として高齢者などの単身入居を渋る貸主がいたのですが、明確になることにより単身高齢者や生活弱者が物件を借りやすくなるというメリットも生みだしたのです。

まとめ

遺品整理という場面は故人と突然の別れの後におとずれる、いうなれば厄介な作業です。ある程度年齢が経過しないとおとずれない場面であり、この事に経験豊富な人も一般的にはあまりいません。また、それに伴う色々な手続きを多数行う必要があり余裕をなくすのが普通の体験と言えるでしょう。遺品整理はそれらのイレギュラーな手続きの総仕上げといったものといえます。
まずは、葬儀から始まる法的な手続きをしっかりと終わらせる事が肝心です。
弁護士や行政書士など専門家を依頼し解決を測るのも良いでしょう。これらの専門家に依頼することで遅滞なく諸手続きが進行し、手落ちが生じる危険性を回避することもになるのではないでしょうか。手続きの後に行うのが遺品整理となりますが、この作業も専門性の高い民間業者を選ぶことによって費用の圧縮のみならず、「供養」や「故人の意思を尊重した処分」を行うことが出来るようになります。
一般的にはどの会社に頼めば良いかは、その場面が来るまで想定しないものです。
そのような時に役立つのが専門サイトによる分析をもとにした業者比較記事となります。当サイトの記事を利用して地域に即した業者を選定し悔いのない遺品整理をすすめてください!

地域別遺品整理情報

□大阪府
大阪市/豊中市/吹田市/堺市/東大阪市