引っ越しでのゴミ回収・不用品処分の業者探しなら不用品回収業者ランキング|回収専科

関西エリア特化

大阪府門真市で遺品整理の優良業者をランキング形式で厳選5社をご紹介!選定ポイントと選定に必要な基本情報を掲載しました。比較検討してあなたにベストな遺品整理業者を見つけてください!

門真市の遺品整理おすすめ業社TOP5社はこちら

当サイトでは、不測の時に遺族の方が安心して依頼できる
“信頼性の高い優良遺品整理業者”
おすすめランキング形式にてご紹介しております。

  • どこに頼めばいいかわからない
  • 信頼できる業者の見つけ方がわからない
  • 融通の利く業者を知らない

そんな悩みを抱えているのなら、ぜひこのページをご覧ください。

当日回収OK!スピード対応!明朗会計!
門真市の信頼できる遺品整理業者
TOP5社はこちら

リセット!

0120-597-494

(電話受付時間/8:00~20:00)

サービスの特徴

おそうじ本舗正式提携業者!安心・安全で選ばれています。

    おそうじ本舗正式提携業者 顧客満足度98% 女性スタッフ在籍 業界最安値保証 最短30分で回収
料金 ★★★★★ 業界最安値保証と記載あり!遺品整理・ゴミ屋敷の片付けも、他社の見積書より安くを保証!
安全性 ★★★★★ ハウスクリーニング大手おそうじ本舗と提携。各地の産廃免許保有。古物商記載あり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 女性スタッフ在籍。見積や作業指示も行うようなので女性も安心。
丁寧さ ★★★★★ 電話対応、メール、LINE、どれでも丁寧に対応してくれます。ハウスクリーニングは提携先のおそうじ本舗が対応。
スピード ★★★★★ タイミング合えば最短30分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

料金の安さは、他の会社でも前面に出してきていますが、この会社ははっきり他社の見積書を明示することで値引を行うといっているので信憑性が高いです。単なる〇〇一!とか〇〇No.1という表記の裏付けがあるということですから。 また、お掃除大手の「おそうじ本舗」の正式提携業者になっているのも信頼性という点で安心できるところです。一般に上場企業は取引をするのに審査が必要です。これをクリアしているのはしっかりとした会社と判断できます。

クリーンエイト

0120-699-476

(電話受付時間/記載なし)

サービスの特徴

パック料金で安心!電話1本ですぐ回収してくれる

    安心の定額制! 追加料金なし 即日回収OK 遺品整理にも対応
料金 ★★★★★ 追加料金なしのパック料金の設定あり!キャンセルも無料でできるので良心的!
安全性 ★★★★★ グループ会社に工務店があり、ウイルス対策で注目の光触媒の施工も可能!
女性スタッフ有無 サイト上に記載なし
丁寧さ ★★★★★ 待ち時間なく適切なプランを分かりやすく案内してくれます。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

親しみやすいページの作りで、この業界に特有のギラギラした感じがないのが好感がもてます。 なにかと項目が加算されて料金が高くなることもすくなくないのですが、パック料金の設定があるので物量によってはお得になるケースがあります。

エコループ

0120-000-970

365日24時間

サービスの特徴

買取サービスに強く、回収料金の一部相殺可

    支払方法が豊富。電子マネー対応の幅が広い。 片づけ作業中の事故にも保険で対応。
料金 ★★★★ 買取サービスで回収料金の相殺可能。
安全性 ★★★ 損害賠償保証金額 最大5000万円。古物商登録あり。
女性スタッフ有無 サイト上に写真はあるが在籍不明。
丁寧さ ★★★ 遺品整理のメニューあり。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★★ 現金、クレジットカード、paypayなど電子マネー対応。

ハウスクリーニング専門スタッフ在籍なので汚れがひどい場合はおすすめ。

パワーズ

0120-448-021

(電話受付時間/夜7時まで)

サービスの特徴

丁寧な仕分けがモットー。

    仕分けで出てきた貴重品や重要書類を、ご遺族または関係者に送付するサービスあり。 デジタル遺品整理サービスあり。
料金 ★★★★ 基本料金、最低3300円~。定額プランあり。
安全性 ★★★★ 不動産事業を行う会社が母体です。グループ会社にリサイクルショップあり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 在籍あり。自己紹介記載。
丁寧さ ★★★★ 養生、拭き上げなど対応。
スピード 時間指定などに関する記述はサイト上にありません。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。振込など応相談。

形見分けや貴重品捜索など手間のかかる作業の依頼も可能。どこから手を付けていいのかわからない場合など丸っと依頼するのは手かもしれません。

エンジェリック

072-658-7771

8:00~22:00

サービスの特徴

遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。

    遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。
料金 ★★ キャンセル料金あり。
安全性 WEBサイトが暗号化対応でない。
女性スタッフ有無 ★★★ 出来る限り対応。
丁寧さ ★★★ サイト上に細かい記述があり想像しやすいが事前準備が面倒そう。
スピード ★★★ 即日対応、夜間、深夜対応可能。
支払方法 当日現金のみ。

ハウスクリーニングサービスを強くアピールしている会社なので、品物を出した後の方を重視したい場合、この業者との相性が良いと思われます。

[遺品整理とは一時の間に大量の品物を片づける行為に他なりません。そのような行為を短時間で解決するためには、どんな遺品整理業者に門真市では依頼すれば良いでしょうか?]
「スマホで検索するとたくさんの遺品整理業者が表示され、何を基準に選べば良いのかわからない」
そのように悩む方が非常に多いと思います。
門真市は全国に127市ある計量特定市の一つであり、大阪圏内屈指のベッドタウンとして、6.3万世帯で11.8万人の人口を抱える大都市で大阪の都市雇用圏の中心であるとも言えます。この為不用品回収業者や遺品整理業者も数多く営業しています。
選択肢が多数あるというのはメリットでもありますが、逆に目的にあった業者の絞り込み方が難しくもなります。現状において、全ての遺品整理業者が同じサービスメニューを提供している標準的なサービスではないので、その費用や作業品質も差があると考える必要があります。
また、決してその総額が低くはないので、費用感といった所を重視しがちになりますが、その安さが信頼や安心とトレードオフだったとしたらどうでしょう?。仮に「安いから」という理由で依頼した業者が悪質業者であった場合は、納得感や満足のゆくサービス提供を期待できないどころか、不法投棄という法的リスクや終わってみると真逆のボッタクリ業者の可能性さえありえます。
安心できる遺品整理を行うためには信頼性の高い優良遺品整理業者を選ぶべきです。当サイトではニーズに合致した業者選定がしやすいように特徴をランキング形式で表示しました。

回収専科が優良な
門真市の遺品整理業者の選び方をご紹介

選び方のポイント[1]

門真市の遺品整理業者の信頼性

門真市で優良遺品整理業者を見つける為にはどんなところに注意すべきでしょうか?
ここでは必要といえる3つのポイントに絞り開設いたします。
●信頼性
遺品整理は単純な不用品の回収とは異なり、ゴミとして捨てるものを扱う作業ではないという事です。
遺品整理にはその場面毎に様々な判断があると言えます。なぜなら故人の今まで生活していた痕跡からの物品整理となる所から、現金や貴金属などの貴重品、写真など思い出の品の捜索などが必要になるケースは決して少なくありません。
このようにデリケートな作業を安心して終わらせるには、依頼できる業者を選ぶことが最も重要なポイントと言えるのです。

選び方のポイント[2]

●費用面
遺品整理の前に様々な費用が必要になります。葬儀やその後の対応など色々な項目を上げてゆくと、一時的にかかる費用は予想以上に大きいものです。それらお葬式や手続きなどの必須項目と言われるもの以外は出費をできるだけ抑制したいものですね。
さて本題の遺品整理を依頼する場合でも業者により、そのサービス料金が大きく異なっていますので安易に決め無い事が肝心です。よく検討比較してから最終的な金額がどれくらいかかるのかを相見積もりを各社で取って見極めて行きましょう。

門真市の遺品整理業者の費用面は?

選び方のポイント[3]

門真市の遺品整理業者のオプションサービス

●オプションサービス
遺品整理と相続問題の関係性は深いもので、分離して考えるのは難しいでしょう。
例えば不動産の売却を考える時に、遺品整理はまさに必要不可欠なサービスと言えるでしょう。
不動産として物件を売却することにした場合、残置物を放置しておくことは通用あり得ません。なぜならば屋内を空家状態でなければ、住居として売り出すこともできないからです。また、そうしなければ売却の為の物件掲載写真を撮ることもかないませんし、外観だけでは物件の価値を正確に伝えることはできず評価額を低くすることになりかねません。
さらに物件価値を高めるためには単なる残置物の撤去片や不用品の回収だけで終わらせず、作業後に原状復帰的な清掃を施す必要があります。(賃貸の退去でも必須事項であるのと同様に)遺品整理業者の中にはハウスクリーニング作業まで総合的に受注を行う事業者や、信頼のおけるプロの仕上げを求めて大手ハウスクリーニング業者と提携している業者存在しています。遺品整理作業後の原状回復を伴う清掃の事を考えて業者選定を行うのも有効な選択肢と言えるでしょう。
これら清掃や片づけの前段階として、まずは遺産相続等に係る相談が可能な弁護士や行政書士等との提携関係を有する業者もあります。まずは財産性や要不要を明確に区別し権利関係をクリアにするために必要だからです。
このようにオプションサービスとして関連他業種との提携を密接に行っている業者もありますので、遺品整理から不動産売却にかかわる一連をまるごと依頼できる業者を選ぶ選択肢も十分考慮に値するのではないでしょうか?

遺品整理業者へ依頼した場合の流れ

門真市の遺品整理業者へ依頼する際の流れは次のようになると考えられます。

遺産分割協議書の作成

門真市 遺品整理と遺産分割協議書

遺産分割協議書の作成にあたって、最初に必要なことは遺品を見分し財産性のあるものとそうでないものを明確に分類して目録化を行うことです。この作業により分割すべき財産が明確になります。
さてその遺産分割協議書の作成は故人の死を確認して3年以内に作成し届け出することが定められています。これはそれぞれの相続人が相続する財産を明確にし課税額を明確にするためです。相続人はそれぞれが相続した分の財産に係る相続税を収める定めがあるからです。財産性のないもので形見分けでも残った品物は、この作成に当たり要不要の選別を行い不要となった品物を遺品整理業者に依頼するのがおおよその流れといえるでしょう。
遺産分割協議書作成にあたっては相続人全員の同意を必要とします。そしてそれぞれ人数分を作成し実印を押印したものを所持することとなります。※定められた親等の全ての同意が必要である厳格なルールがあるために調査時間が長期間におよぶ事があります。
しかしながら、故人が遺産相続手続きとしてあらかじめ弁護士の手による遺言書を故人が作成を完了しており、財産分与に関する細かな指示があればこの限りではありません。もしも遺言書に記載のない財産が発見された場合などは、作成された遺言書の他に別途この書類の作成が求められることがあります。法律的な定めは厳格で細かであるために、見知らぬ係累の調査を含めて作成を行う場合は費用的に膨らむ場合もあります。(各地の自治体窓口に対して照会を行う必要などがあるため)

遺品整理業者の選定

後悔しない遺品整理の第一歩、いや大前提ともいえるのが業者の選定でしょう。
残念ながら後悔するケースが少なくないのは「面倒だからチラシの業者に依頼してしまおう」という安直な判断です。国民生活センター、消費者庁に寄せられる遺品整理に関する苦情の大多数は、ポスト投函のチラシ業者に頼んで「多額の料金を請求された」とされています。次に用心すべきは法人格の有無です。はっきり所在地や代表者もわからないような素性の知れない業者は安心して作業を任せるのが困難です。素性不明の業者では片づけ作業中に見つかった「現金」「貴金属」「時計」「アクセサリー」など高価で小型の品物を横領される危険性さえあるのです。ニュース番組などで遺品整理作業中に数千万の現金や金塊等の貴金属類が見つかったという話を聞いたことがありませんか?実は把握していなかった「タンス貯金」や「高価なアクセサリー」などが発見されるケースも少なくはないのです。
最近ではこうした報道などの背景から「社員教育をしっかり行う」、「アルバイトや派遣社員ばかりでの作業をさせない」「しっかり監督を行いながら作業する」という事をホームページに掲載している業者も見られるようになりました。こういった記述があるのも信頼できる業者選定の目安といえます。

門真市の優良遺品整理業者の選定

遺品整理にはこのような要素も含まれます

特殊清掃

門真市の遺品整理に伴う特殊清掃

特殊清掃は、一般的な清掃とは異なり、生命や健康に関わる危険性が高い場所や、孤独死の現場など特殊な状況下での清掃を指します。遺品整理に関する特殊清掃の特徴をいくつか挙げます。 孤独死の特殊清掃においては、遺体の発見後に放置された期間が長くなると、腐敗や生体分解による臭気や生物汚染などが発生します。そのため、遺体の回収や処理、臭気の除去、清掃作業などが必要となります。また、遺体の発見場所が密室や狭い場所である場合、清掃作業においては作業員の安全確保が必要です。 遺品整理が伴う特殊清掃においては、一般的な清掃とは異なり、故人が生前に使用していた物品や家具などの整理・処分が必要となります。これらの物品は、感染症予防のために適切な処理を行う必要があります。また、故人が亡くなった場所が、長期間放置されていた場合には、生活環境の乱れによりカビやウジ、ハエ、ゴキブリなどの害虫、ねずみなどの害獣が発生していることがあります。これらの害虫の駆除や、清掃による生活環境の回復と物件が再度使用可能なようにするための下準備を行うという側面もあります。 また特殊清掃においては、遺族や関係者の気持ちを尊重し迅速かつ丁寧な対応が求められます。繊細できめ細かいコミュニケーションをとることが大切となります。 このように特殊清掃には、感染症予防や作業員の安全確保だけではなく遺族や関係者への配慮など、高い技術とヒューマンスキルが必要とされるものと言えます。

家財整理や家財処分

遺品整理は大きなカテゴリーで見ると、家財整理や家財処分といった作業種の中にあると言えます。家財とは主に一般家庭の中にあるものをいい、次のように定義されます。「家具や家電製品、衣服などの日常生活に使用している動産」つまりは住宅内にあるものはほとんどこの言葉で集約されます。「家財整理」とは、文字通りこれらのものを整理することを指しますが、この整理の主体がおもに持ち主自体が行う物であるのに対して、「遺品整理」は残された遺族等が行うものと定義されます。さて、このような違いのある整理ですが、残されたものに遺品整理の手間を押し付けない為に、自らが終活の中で行う「生前整理」と言われるものです。身軽に移動が行えるように「断捨離」などを行ってあらかじめミニマルな生活に移行するという考え方ですね。この考え方のもとに行われるのも、やはり「家財整理」と言えるでしょう。実行タイミングとしては生活のQOL向上が早めで、生活環境の変更に対応する意味では老人ホームや介護医療付の施設や物件に移住する時かもしれません。またその整理の過程で財産を明確にし遺言書の作成を行う人も増えているといいます。こうしてみると生前整理という家財整理は高齢化社会におけるトレンドなのかもしれませんね。「生前整理」の対応を行う遺品整理業者も最近は多いようなので、早めに相談して行動する事が後顧の憂いを断つことになるでしょう。

門真市の遺品整理業者が行う家財整理や家財処分

片付けや残置物処分、残置物回収

門真市の遺品整理業者が行う残置物処分や残置物回収

元来家財整理とは、みずからの所有物である家財を整理するものですが、そうではなく不動産会社や管理会社が行う種類のものもあります。
前項まで不動産の売却前に遺品整理が必ず必要になるという流れをご説明いたしましたが、賃貸契約においても整理を行う必要があるのは当然の帰結としてご理解いただけると思います。賃貸契約者が没後の家財を管理する人を明確にしていなかったとすると、残された家財は一定期間補完をせざるを得ず、再賃貸に支障をきたすケースがありました。いわゆる独居状態で亡くなった孤独死などや夜逃げなどの案件がそれに該当します。このような場合において、残されたものは残置物として撤去しなければ部屋が空きません。
従来は残置物の所有権が明らかにならず、相続人などの権利者が明確になるか、所定の期間まで保管する必要があり、その為に長期にわたり物件の回転を妨げているケースも少なくなかったのです。この事態を改善するため2021年5月の国土交通省から出された新標準契約約款には「残置物に関する項目」が設けられました。賃貸契約を結ぶ際に、もしもの時に残った品物を管理する者を指定することが契約条項に盛り込めるようになったというものです。以前の契約では保証人を含め、遺族(相続人)のみがその対象となっていましたが、この改正によって例えば賃貸保証会社などを管理者として指定する事が可能になったのです。これにより、不動産の持ち主にとって良い改訂が行われただけでなく、従来は没後の残置物処理が困難を理由とする高齢者を含む生活弱者への入居契約を渋る貸主が少なくない状態から、没後の管理の明確化(第三者への委任など)が可能になり高齢者の独居や生活弱者が物件を借りやすくなり、引いては空き家問題の解決にもつながる施策となったのです。

まとめ

葬儀という儀式の場面は亡き人との別れを惜しみ心の整理を行う時と言えます。平静とは異なる精神状態のなかで士別に伴う様々な諸手続きを行う必要に迫られ、どうしても余裕をなくしがちです。それでも遺品整理という作業自体がはそれらの手続きの総仕上げとして必要なものなのです。
その為には、葬儀や相続などにまつわる法的手続きをしっかりと進行させるところから始めるべきでしょう。
これらの手続きを簡便に進めるためには弁護士や行政書士など専門家に依頼するのは極めて有効な手段です。専門家に依頼することにより、諸々の手続きを遅滞なく進行させられ、素人が行う事で手抜かりが生じる危険性を回避すること出来るからです。それら手続きや処理の後に物理的に行うのが遺品整理となります。こちらも専門性が高く信頼できる優良業者を選定することで費用面の圧縮のみならず、故人の意思を尊重した処分や思い出の品のご供養を合わせて行うことが可能になったりします。
ですがどの業者へ頼めば良いのかは、その場面が来るまでしたこともないのが通常で、探しはじめたとしても数が多いので決定を迷いがちになられると思います。
そんな時に役立つのが専門サイト掲載の業者比較記事なのです。当サイトの記事は悔いのない遺品整理にお役に立てる情報が満載です。ぜひお役立てください。