引っ越しでのゴミ回収・不用品処分の業者探しなら不用品回収業者ランキング|回収専科

関西エリア特化

京田辺で安心して頼める優良遺品整理業者をランキング形式でご紹介。突然の出来事に対応しなければならない時なので信頼できる業者を選ぶべきです。当サイトで優良業者をお探し下さい。

京田辺市の遺品整理おすすめ業社TOP5社はこちら

当サイトでは、もしもの時に遺族の方が安心して依頼できる
“信頼性の高い優良遺品整理業者”
おすすめランキング形式にてご紹介しております。

  • どこに頼めばいいかわからない
  • 信頼できる業者の見つけ方がわからない
  • 融通の利く業者を知らない

そんな悩みを抱えているのなら、ぜひこのページをご覧ください。

当日回収OK!スピード対応!明朗会計!
京田辺市の信頼できる遺品整理業者
TOP5社はこちら

リセット!

0120-597-494

(電話受付時間/8:00~20:00)

サービスの特徴

おそうじ本舗正式提携業者!安心・安全で選ばれています。

    おそうじ本舗正式提携業者 顧客満足度98% 女性スタッフ在籍 業界最安値保証 最短30分で回収
料金 ★★★★★ 業界最安値保証と記載あり!遺品整理・ゴミ屋敷の片付けも、他社の見積書より安くを保証!
安全性 ★★★★★ ハウスクリーニング大手おそうじ本舗と提携。各地の産廃免許保有。古物商記載あり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 女性スタッフ在籍。見積や作業指示も行うようなので女性も安心。
丁寧さ ★★★★★ 電話対応、メール、LINE、どれでも丁寧に対応してくれます。ハウスクリーニングは提携先のおそうじ本舗が対応。
スピード ★★★★★ タイミング合えば最短30分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

料金の安さは、他の会社でも前面に出してきていますが、この会社ははっきり他社の見積書を明示することで値引を行うといっているので信憑性が高いです。単なる〇〇一!とか〇〇No.1という表記の裏付けがあるということですから。 また、お掃除大手の「おそうじ本舗」の正式提携業者になっているのも信頼性という点で安心できるところです。一般に上場企業は取引をするのに審査が必要です。これをクリアしているのはしっかりとした会社と判断できます。

クリーンエイト

0120-699-476

(電話受付時間/記載なし)

サービスの特徴

パック料金で安心!電話1本ですぐ回収してくれる

    安心の定額制! 追加料金なし 即日回収OK 遺品整理にも対応
料金 ★★★★★ 追加料金なしのパック料金の設定あり!キャンセルも無料でできるので良心的!
安全性 ★★★★★ グループ会社に工務店があり、ウイルス対策で注目の光触媒の施工も可能!
女性スタッフ有無 サイト上に記載なし
丁寧さ ★★★★★ 待ち時間なく適切なプランを分かりやすく案内してくれます。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

親しみやすいページの作りで、この業界に特有のギラギラした感じがないのが好感がもてます。 なにかと項目が加算されて料金が高くなることもすくなくないのですが、パック料金の設定があるので物量によってはお得になるケースがあります。

エコループ

0120-000-970

365日24時間

サービスの特徴

買取サービスに強く、回収料金の一部相殺可

    支払方法が豊富。電子マネー対応の幅が広い。 片づけ作業中の事故にも保険で対応。
料金 ★★★★ 買取サービスで回収料金の相殺可能。
安全性 ★★★ 損害賠償保証金額 最大5000万円。古物商登録あり。
女性スタッフ有無 サイト上に写真はあるが在籍不明。
丁寧さ ★★★ 遺品整理のメニューあり。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★★ 現金、クレジットカード、paypayなど電子マネー対応。

ハウスクリーニング専門スタッフ在籍なので汚れがひどい場合はおすすめ。

パワーズ

0120-448-021

(電話受付時間/夜7時まで)

サービスの特徴

丁寧な仕分けがモットー。

    仕分けで出てきた貴重品や重要書類を、ご遺族または関係者に送付するサービスあり。 デジタル遺品整理サービスあり。
料金 ★★★★ 基本料金、最低3300円~。定額プランあり。
安全性 ★★★★ 不動産事業を行う会社が母体です。グループ会社にリサイクルショップあり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 在籍あり。自己紹介記載。
丁寧さ ★★★★ 養生、拭き上げなど対応。
スピード 時間指定などに関する記述はサイト上にありません。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。振込など応相談。

形見分けや貴重品捜索など手間のかかる作業の依頼も可能。どこから手を付けていいのかわからない場合など丸っと依頼するのは手かもしれません。

エンジェリック

072-658-7771

8:00~22:00

サービスの特徴

遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。

    遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。
料金 ★★ キャンセル料金あり。
安全性 WEBサイトが暗号化対応でない。
女性スタッフ有無 ★★★ 出来る限り対応。
丁寧さ ★★★ サイト上に細かい記述があり想像しやすいが事前準備が面倒そう。
スピード ★★★ 即日対応、夜間、深夜対応可能。
支払方法 当日現金のみ。

ハウスクリーニングサービスを強くアピールしている会社なので、品物を出した後の方を重視したい場合、この業者との相性が良いと思われます。

遺品整理作業は、多くの家財を一度に整理する必要があり、効率的でかつ顧客の要望に応える信頼性のある業者を見つける必要があります。しかし、京田辺市で優れた遺品整理業者を見つけることは、インターネットでの検索でも複数の業者が表示され、どれを選ぶべきか迷うことがよくあります。
京田辺市は京都府の南部に位置し、大阪の枚方市、奈良の生駒市と接しJR西日本片町線(学研都市線)と近畿日本鉄道京都線が運行しおり総人口74,929人を有し、京都市、大阪市のベッドタウンとしての性格が強い地域です。夜間居住人口が多いため、不用品回収や遺品整理などの整理業者に対する需要も高まり多くの業者が集まっています。このように乱立する中で情報が限られていると、優れた業者を見つけることが難しいこともあります。
業者を選ぶ際にとにかく費用を安上げたい考えがちですが、安い業者を選ぶことが簡単な解決策ではありません。業者の品質によって、安いとはいえるかどうかが異なるからです。たとえば、チラシやWEB上で安いと宣伝されていた業者が実際には高額なサービスを提供することもあり、また、コンプライアンス意識が低い業者が回収した後の品物を不法投棄するなどの問題を引き起こすこともあります。
遺品整理を満足のいくものにするためには、信頼性のある業者に依頼することが重要です。回収専科では、顧客のさまざまな要望に合わせて業者を選定し、多角的な評価を行っています。これらの評価に基づいてランキングを提供しています。 まず、以下の記事をご覧いただき、遺品整理に関する知識を深めた上で、業者を選んでいただければと思います。

回収専科が優良な
京田辺市の遺品整理業者の選び方をご紹介


京田辺市で優良な遺品整理業者を選ぶにはどのようなところに注目すれば良いのでしょうか?
そのポイントを3つに分類してそれぞれに触れたいと思います。

選び方のポイント|1

●信頼性
遺品整理を検討する際、最も重要な要素は信頼性を確保することです。
これは、不要な家財の整理だけでなく、他の信頼性の担保が必要なタスクも含まれるためです。その中でも特に重要なのが「捜索」の側面です。故人との関係が疎遠である場合もあれば、共同生活をしていたとしても、故人以外は貴重品や思い出の品の収納場所を知らないことがあります。思い出の詰まった写真アルバムや記念品はもちろんのこと、貴重な宝飾品やアクセサリーなど同等以上の重要性を持っています。これらの大切なアイテムを探し出すには、繊細で注意深い作業が不可欠であり、信頼性の高い業者を選ぶことが安心の担保となりうるのです。

選び方のポイント|2

●費用面
遺品整理にかかる費用について、あらかじめ知っている人はほとんどいないでしょう。これは、人生の中でこの種の状況に遭遇する機会が限られているためです。従って、実際に必要になった時点で初めてその費用について考えることになります。
葬儀の費用や相続に伴う税金、お墓にかかる費用などを合算すると、多くの人がその金額に驚くでしょう。これらの必要な支出以外の費用は、可能であれば抑えたいと思うことでしょう。
遺品整理の費用は、依頼する業者のサービス項目や企業規模によって大きく異なるため、無駄な出費を避けるためには複数の業者を比較検討することが重要です。そのためには、各業者のサービス内容を把握し、複数の業者から見積もりを取得し、最終的な費用を確認することが不可欠です。

選び方のポイント|3

●オプションサービス
遺品整理にはさまざまなオプションサービスが関連しています。その中でも代表的なものはハウスクリーニングです。遺品整理は特に相続と密接に結びついており、不動産の処分に関する比重が大きいです。財産の分割のための売却や、固定資産税の支払いを賄うための賃貸化などが求められます。これらの処理において、遺品整理だけでなく、物件内部の整備も重要です。
通常、遺品整理作業には軽清掃が含まれていますが、これは原状復帰の水準ではありません。不動産の売却や賃貸化においては、物件の価値(売却価格や賃料など)に直接影響するため、怠ってはいけません。一部の遺品整理業者は、専門のハウスクリーニング部門を持っているか、大手の信頼性のあるハウスクリーニング業者と提携していることがあります。したがって、これらの作業の後も考慮に入れて遺品整理業者を選ぶことをお勧めします。
さらに、遺品整理の前に相続に関連する問題があり、法的な手続きや公文書の作成などが必要な場合があります。これらの問題を円滑に解決するために、弁護士や行政書士などの専門家に相談することが必要です。これらの専門家と提携している遺品整理業者を選ぶことは、一貫性のある問題を効果的に処理するための有効な選択肢と言えます。

遺品整理業者へ依頼した場合の流れ

京田辺市の遺品整理業者へ遺品整理を依頼する際は次のようなステップを踏むこととなります。

遺産分割協議書の作成

相続手続きを進めるには、最初期に相続財産を明示的に特定しなければなりません。相続財産は、対象となる資産のリストアップされた合計評価額を指します。次に、相続人たちはこのリストを基にして、財産を分配するための合意を形成し、各自の譲渡分を確定する「遺産分割協議書」を作成します。この文書は、故人の死亡から3年以内に作成し提出しなければなりません。相続人たちは、相続税を支払うためにこの協議書に基づいて相続財産に応じて支出をしなければなりません。この協議書は、相続資格を持つ全ての関係者の同意が必要であり、署名と公的な捺印が不可欠です。また、全ての関係者は同じ文書を所持しなければなりませんが、遠隔地に住む親戚の場合、その所在地の確認に時間がかかることがあります。
もし故人が遺言書を作成していた場合、それを作成するために弁護士を雇う必要はありませんが、遺言書に記載されていない財産項目が明らかになった場合、追加で遺産分割協議書を作成する必要が生じます。その場合、弁護士や行政書士等の専門家に依頼することにより、手続きが迅速に進行することがありますが、追加の手数料が必要となります。

遺品整理業者の選定

信頼できる業者を見つけることは思った以上に困難です。たとえば、チラシ広告を信じて業者に依頼した場合、後悔することが珍しくありません。消費者庁によれば、遺品整理に関すして寄せられる苦情の多くは、「チラシで宣伝している業者に頼んで法外な請求を受けた」というものです。また、存在の不透明な業者(所在地や許可状況が不明瞭な場合)に依頼すると、片付けの最中に現金や貴重品を不正に持ち去られるリスクがあるかもしれません。実際にニュースで何百万もの現金やインゴット、金貨などの貴重品が遺品整理中に発見された事例を聞いたことはありませんか?信頼できる業者を見つけるための指針として、しっかりと社員教育が行われ、アルバイトや派遣社員だけで作業を行わない業者を選ぶことが重要です。なぜなら、こうした業者は責任を明確にしている態度が確認できるからです。コンプライアンス重視等の会社の営業方針は優良業者を見定めるキーとなるでしょう。

遺品整理にはこのような要素も含まれます

特殊清掃

最近、一般的には広く認知されつつあるのが「特殊清掃」という言葉です。この用語は、通常のハウスクリーニングとは異なり、遺品整理業者が孤独死の発生した現場や遺品整理の現場で行う清掃作業を意味します。特殊清掃は、独自の専門知識と技術が必須な分野です。例えば、ある高齢者の住居で孤独死が発生し、かつ長期間放置された場合、床や壁、天井に汚れや悪臭が浸透してしまう状況を考えてみましょう。通常のハウスクリーニング業者では、このような状況に対処することは困難と言えるでしょう。その為特殊清掃業者が必要になるのです。特殊清掃業者は、独自の装備品や技術、薬剤を駆使して、残留した汚れや悪臭を排除する能力を持っています。一例をあげれば、壁や床に染みついた悪臭を消すために、オゾン発生器を使用すること等があります。また、特殊清掃業者は、様々な汚染に対して安全な作業を確保するために、専用の衣服や防護具を装着します。
特殊清掃の具体的なケースとして、以前に発生した事件があります。あるマンションで、住人の死亡から数か月後に遺体が発見されたケースです。部屋は汚染され、遺体が腐敗していたため、部屋は汚染された状態であり通常の清掃業者では対処が難しい状況でした。このため、専門の特殊清掃業者が呼び寄せられ、特殊清掃作業が実施されました。このように、特殊清掃は、通常の清掃業者では処理しきれない特別な状況下で行われる清掃作業です。特殊清掃業者は、専門的な知識と技術を駆使して、汚染物質を取り除き、悪臭を取り去ることによって、清潔で安全な環境を確保します。

家財整理や家財処分

近年は終活の一環として、遺品整理だけでなく、現在の生活での家財整理や家財処分が注目されています。一時期には、断捨離という言葉が広まり、片付けに関する書籍や動画が多く発表され、人々の興味を引きました。生前に家財整理や家財処分を行うことは、単にミニマリストのライフスタイルへの移行を示すだけでなく、遺族に不便をかけないようにするための思慮深い行動としても重要です。高齢者が老人ホームや医療施設に転居する際には、家財整理や家財処分、そして遺言書の作成に関する需要が増えています。ここ最近になって、生前の家財整理や家財処分がごく一般的に受け入れられるようになり、遺品整理業者も生前のこれらのサービスを提供している場所が増えています。悩みがある場合は、遺品整理業者に相談することで早期に問題解決できることもありますのでお勧めします。

片付けや残置物処分、残置物回収

不動産会社や管理会社が故人の遺品整理を引き受ける場合、特に注意が必要なのは残置物の処分に関する事項です。例えば、故人が単独で生活していた場合、その居所に残された物品は残置物として撤去する必要があります。通常、遺族が遺品整理を担当しますが、故人に身寄りがない場合や遺族が手をつけられない場合には、不動産会社や管理会社に依頼されることもあります。
しかし、遺品整理において最も重要なのは、残置物の権利についての取り扱いです。以前は、残置物の所有権が明確でないことが多く、物件の運用に支障をきたすことがありました。そのため、2021年5月に国土交通省は新たに標準契約約款に残置物に関する項目を導入しました。これにより、賃貸契約を結ぶ際に、残置物の管理を特定の者に委ねることができるようになりました。遺族だけでなく、保証会社などもその管理者として指定できるため、高齢者や生活弱者が物件を借りやすくなるメリットが生まれました。
これらを考慮すると、残置物の処分に関しては、契約時に明確な取り決めを行うことが重要です。また、遺品整理には個人情報等の機微な情報の取り扱いや法的手続きなど、様々な課題が存在するため、不動産会社又は管理会社が遺品整理を行う場合には、適切な知識と経験が必要です。ここ数年で、国や自治体、民間業者などが協力して、一般社団法人を設立し、遺品整理や残置物処分に関するガイダンスの策定などを行っています。これの活動により、トラブルの予防や、遺族や物件の所有者の負担軽減に役立つサポートが提供されています。
関連組織
一般社団法人全国居住支援法人協議会 ウェブサイト
社会福祉法人 全国社会福祉協議会 ウェブサイト

まとめ

遺品整理を行わねければいけない時期は、故人との突然別れ死別から葬儀と続く人生でももっともつらい事実と向かいながらも行う必要に迫られる大変な時期ですが、没後に行わなければならないことが次々と現れて、その対応に余裕をするだけで手一杯というお話をよく聞きます。
没後に必要な処理としては下記のようなものがあります。

1.公的手続き項目

・死亡届提出

・埋火葬許可証の交付申請

・健康保険の資格喪失手続き

・年金受給権者死亡届(報告書)提出

・世帯主の変更手続き

・免許証・パスポートなどの返納処理

・公共料金等の手続き

・介護保険料過誤納付還付金請求

・遺族基礎年金・遺族厚生年金請求

・雇用保険受給資格者証の返還など

・相続関連書類作成

・相続に伴う登記の変更手続き

・相続税の申告および納付手続きなど

2.民間手続き

・電気料金・ガス料金など口座振替の支払い口座の変更

・生命保険手続き火災保険・自動車保険などの名義変更及び支払い口座の変更

・金融機関口座の閉鎖手続きなど

公的、民間それぞれの窓口に対して所定の書式による書類を作成し提出する手間はこのように多岐に渡っています。抜け落ちの無い様にするためには専門家や業者に依頼する方法も検討すべきです。死亡届、埋火葬許可証交付申請などは葬儀社へ葬儀の一環として依頼する事も可能です。また、相続に関する書類作成および申請などは弁護士や行政書士などのこれらを専門分野とするプロがいます。不安であれば依頼してしまうのが得策です。
また、これらの手続きと同様に遺品整理に関しても専門業者に依頼することがお勧めです。故人の遺志を尊重した処分の仕方のアドバイスや、自分たちだけでは処理しきれないほどの物量の多い家財を短時間で片づけることが可能になります。
その時が到来し当事者にならなければ、遺品整理業者という存在を探したりしないと思います。そこでどのように選べばよいのかをお手伝いするのが当サイトです。悔いのない遺品整理の為の業者選定のお手伝いが出来れば幸いです!