引っ越しでのゴミ回収・不用品処分の業者探しなら不用品回収業者ランキング|回収専科

関西エリア特化

安心して頼める優良遺品整理業者をランキング形式でご紹介。葬儀や相続などの手続きで大変な時だからこそ安心安全な業者選定は重要です。当サイトで優良業者をお探し下さい。

長岡京市の遺品整理おすすめ業社TOP5社はこちら

当サイトでは、もしもの時に遺族の方が安心して依頼できる
“信頼性の高い優良遺品整理業者”
おすすめランキング形式にてご紹介しております。

  • どこに頼めばいいかわからない
  • 信頼できる業者の見つけ方がわからない
  • 融通の利く業者を知らない

そんな悩みを抱えているのなら、ぜひこのページをご覧ください。

当日回収OK!スピード対応!明朗会計!
長岡京市の信頼できる遺品整理業者
TOP5社はこちら

リセット!

0120-597-494

(電話受付時間/8:00~20:00)

サービスの特徴

おそうじ本舗正式提携業者!安心・安全で選ばれています。

    おそうじ本舗正式提携業者 顧客満足度98% 女性スタッフ在籍 業界最安値保証 最短30分で回収
料金 ★★★★★ 業界最安値保証と記載あり!遺品整理・ゴミ屋敷の片付けも、他社の見積書より安くを保証!
安全性 ★★★★★ ハウスクリーニング大手おそうじ本舗と提携。各地の産廃免許保有。古物商記載あり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 女性スタッフ在籍。見積や作業指示も行うようなので女性も安心。
丁寧さ ★★★★★ 電話対応、メール、LINE、どれでも丁寧に対応してくれます。ハウスクリーニングは提携先のおそうじ本舗が対応。
スピード ★★★★★ タイミング合えば最短30分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

料金の安さは、他の会社でも前面に出してきていますが、この会社ははっきり他社の見積書を明示することで値引を行うといっているので信憑性が高いです。単なる〇〇一!とか〇〇No.1という表記の裏付けがあるということですから。 また、お掃除大手の「おそうじ本舗」の正式提携業者になっているのも信頼性という点で安心できるところです。一般に上場企業は取引をするのに審査が必要です。これをクリアしているのはしっかりとした会社と判断できます。

クリーンエイト

0120-699-476

(電話受付時間/記載なし)

サービスの特徴

パック料金で安心!電話1本ですぐ回収してくれる

    安心の定額制! 追加料金なし 即日回収OK 遺品整理にも対応
料金 ★★★★★ 追加料金なしのパック料金の設定あり!キャンセルも無料でできるので良心的!
安全性 ★★★★★ グループ会社に工務店があり、ウイルス対策で注目の光触媒の施工も可能!
女性スタッフ有無 サイト上に記載なし
丁寧さ ★★★★★ 待ち時間なく適切なプランを分かりやすく案内してくれます。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。

親しみやすいページの作りで、この業界に特有のギラギラした感じがないのが好感がもてます。 なにかと項目が加算されて料金が高くなることもすくなくないのですが、パック料金の設定があるので物量によってはお得になるケースがあります。

エコループ

0120-000-970

365日24時間

サービスの特徴

買取サービスに強く、回収料金の一部相殺可

    支払方法が豊富。電子マネー対応の幅が広い。 片づけ作業中の事故にも保険で対応。
料金 ★★★★ 買取サービスで回収料金の相殺可能。
安全性 ★★★ 損害賠償保証金額 最大5000万円。古物商登録あり。
女性スタッフ有無 サイト上に写真はあるが在籍不明。
丁寧さ ★★★ 遺品整理のメニューあり。
スピード ★★★★ 最短60分で対応可能。
支払方法 ★★★★★ 現金、クレジットカード、paypayなど電子マネー対応。

ハウスクリーニング専門スタッフ在籍なので汚れがひどい場合はおすすめ。

パワーズ

0120-448-021

(電話受付時間/夜7時まで)

サービスの特徴

丁寧な仕分けがモットー。

    仕分けで出てきた貴重品や重要書類を、ご遺族または関係者に送付するサービスあり。 デジタル遺品整理サービスあり。
料金 ★★★★ 基本料金、最低3300円~。定額プランあり。
安全性 ★★★★ 不動産事業を行う会社が母体です。グループ会社にリサイクルショップあり。
女性スタッフ有無 ★★★★ 在籍あり。自己紹介記載。
丁寧さ ★★★★ 養生、拭き上げなど対応。
スピード 時間指定などに関する記述はサイト上にありません。
支払方法 ★★★★ 現金、クレジットカード対応。振込など応相談。

形見分けや貴重品捜索など手間のかかる作業の依頼も可能。どこから手を付けていいのかわからない場合など丸っと依頼するのは手かもしれません。

エンジェリック

072-658-7771

8:00~22:00

サービスの特徴

遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。

    遺品整理の場合無料のおそうじサービスが付属。
料金 ★★ キャンセル料金あり。
安全性 WEBサイトが暗号化対応でない。
女性スタッフ有無 ★★★ 出来る限り対応。
丁寧さ ★★★ サイト上に細かい記述があり想像しやすいが事前準備が面倒そう。
スピード ★★★ 即日対応、夜間、深夜対応可能。
支払方法 当日現金のみ。

ハウスクリーニングサービスを強くアピールしている会社なので、品物を出した後の方を重視したい場合、この業者との相性が良いと思われます。

遺品整理という作業では一度に多量の家財を片づける必要性があります。だからこそ効率がよく、なおかつ依頼主の要求にこたえられる業者を探す必要があります。
長岡京市で信頼できて優良な遺品整理業者を探そうと思っても、どこをどうやって探せばよいのか?インターネットで検索してもたくさんの業者が出てくるのでどの業者を選んでよいのかわからない方が多いのではないかと思います。
長岡京市は京都府の南西部に位置し、8万2千人の人口を有し不幸明媚な自然に恵まれた土地でもあります。古くから農業が盛んであり大きな農家なども多く、不用品回収や遺品整理などの整理業者に対する需要も多いものとなっています。業者も需要に応じて集まるので、事前情報も持たずにいきなり探しても優良業者を引き当てることが難しいといえます。
ですが、「面倒くさい、どこか安い所がいいや!」と安易な選択を行うことで、予期せぬ落とし穴にはまることがあります。なぜならば選んだ業者の質によって、その安いが妥当かどうかが分かれるからです。想定されるトラブルとしては、はうたい文句だけの「安い」で事後に請求してくる額は高額のボッタクリ業者であったとか、コンプライアンス意識の薄さから回収後の家財を不法投棄してしまうなど、悪徳業者のよって意図しないトラブルに巻き込まれかねません。
納得のゆく遺品整理を行うためには、優良業者へ依頼することが肝心です。回収専科では、業者を探す人の様々なニーズに合わせて業者選定が出来るように多面的評価を行っています。求められるサービスの軸に合わせてランキングを作りご提示しています。
まずは、この下の記事をお読みいただき遺品整理に関する知識を深めてからお選びいただければ失敗は防げるかと思います。

回収専科が優良な
長岡京市の遺品整理業者の選び方をご紹介


長岡京市で優良な遺品整理業者を選ぶにはどのようなところに注目すれば良いのでしょうか?
そのポイントを3つに分類してそれぞれに触れたいと思います。

選び方のポイント|1

●信頼性
遺品整理は、単なる不用品回収とは異なります。それは単にごみとして処分される不用品の処理ではないからです。遺品整理は複雑なプロセスであり、さまざまな状況を考慮する必要があります。故人が生活していたことを示す品物を整理する必要があるため、貴重品や思い出の品を見つけることが必要となる場面が少なくありません。このような繊細な作業は安心して委託できる信頼性のある業者を選ぶことで可能になります。業者選びこそが遺品整理の第一ステップと言えるでしょう。

選び方のポイント|2

●費用面
葬儀やその後の手続きには、予想以上に多額の費用がかかる場合があります。葬儀費用や墓地手配をはじめ、必要な手続きなどを合算すると意外に高額になることがあります。葬儀は普段から関わりのある人は少ないため、実際に調べて初めてその金額に驚くということも珍しくないのです。なるべくならば他の項目での出費を抑えたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
費用の圧縮で差がつくのが遺品整理です。ですがその為には遺品整理を業者に依頼する場合に、業者によって価格が大きく異なる事を理解して比較検討を十分に行い、最終的な金額を見極めて依頼することが重要となります。それを可能にするためにも、複数の業者から見積もりを取ることが有効です。葬儀や手続きにかかる費用をしっかりと把握し、その後にかかるであろう予算を考慮して遺品整理を進めることが大切です。

選び方のポイント|3

●オプションサービス
遺品整理は相続に関連する問題から切り離して考えることが難しい事象です。例えば、相続した不動産の売却に伴う遺品整理などがその例です。不動産を売却するためには、遺品整理後(家財整理後)の物件を他の人に引き渡す必要があります。そのためには遺された遺品をそのまま残しておくことはできません。物件を売り出すためには、内部を空にして空き家状態にしなければなりません。残置物があると物件価値に大きな影響を及ぼします。物件の写真として残置物だらけでは問合せの数も多く望めないでしょう。綺麗にして清掃後の物件写真を撮るためにも早期の遺品整理は有効と言えるでしょう。
さて、こうした状況を考慮すると、遺品整理においては単に整理や不用品の回収だけでなく、作業後の清掃など、原状復帰的な処理が必要となります。遺品整理業者の中には、ハウスクリーニング作業までを総合的に行う業者や、大手ハウスクリーニング業者と提携している業者も存在します。遺品整理後の物件の状態を考慮して、適切な業者を選ぶことが重要です。
さらに、遺産相続などに関する相談ができる弁護士や行政書士などと提携している遺品業者も存在します。もしもすべてのことを一括して依頼したい場合は、こうした提携サービスを持つ業者を選択することも一つの手段となります。遺品整理に際しては、慎重に計画を立て必要なサービスを選択することが重要と言えるでしょう。

遺品整理業者へ依頼した場合の流れ

長岡京市の遺品整理業者へ遺品整理を依頼する際は次のようなステップを踏むこととなります。

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書は、相続財産を明確にし相続人が適切な相続税を支払うために必要な文書です。故人の死後3年以内に作成されます。相続の話し合いの中で、形見分けのために必要な品物が決まり不用となった部分の遺品は遺品整理業者に依頼して片付けることになります。
遺産分割協議書には全ての相続人の合意が必要であり、各自が実印を押印し所持することになります。ただし、あらかじめ弁護士によって作成された遺言書があり、死後の財産分与に関しての指定がある場合は、上記の手続きは必要ありません。しかし、遺言書に記載されていない資産が見つかった場合には、別途この書類の作成が必要となることに注意してください。遺産分割協議書は遺族の合意を確認する重要な書類であり、正確かつ公正な分割を行うために不可欠なのです。

遺品整理業者の選定

信頼性の高い遺品整理業者を見つけることは意外にも困難です。実際問題として、ポスト投函のチラシから業者に頼んだ場合、後悔する結果になるケースが少なくないと言われています。消費者庁に寄せられる遺品整理に関する苦情の中でも、「チラシで見つけた業者に頼んだところ高額な料金を請求された」という「詐欺といえるケース」が最も多いと報告されています。また、悪徳業者に遺品整理を依頼してしまうと、その作業中にタンスなどから発見された現金や貴金属などの資産が盗まれる危険性さえあります。報道されたケースでも、数千万円の現金や金塊、金貨などの貴金属が整理中に発見された話も存在します。
こうした事態を避けるため安全で安心な業者を選びたいものです。信頼できる業者の目安は、しっかりと社員教育を行っており、アルバイトや派遣社員のみで作業を行わないことを明示している点などがあります。信頼性のある業者は、経験豊富なスタッフが対応し、遺族の財産を適切に扱い、敏感な作業を丁寧確実に行います。遺品整理業者を選ぶ際には、口コミや評判を参考にするだけでなく、事前にしっかりと調査し信頼できる業者を選ぶことが大切なのです。

遺品整理にはこのような要素も含まれます

特殊清掃

遺品整理における特殊清掃は、孤独死などで死亡確認が遅れた結果、ご遺体が腐敗状態になった部屋などで行われる特殊な清掃のことを指します。ご遺体は発見時の状態にもよりますが、死後の経過時間が長い場合、体液の漏れや組織の溶解などにより寝具が汚染され、さらには畳や床板を浸透して建物の構造材まで臭いや汚損で影響を及ぼすことがあります。
このような場合には、単に汚染された寝具や畳を取り除くだけでは、目に見える汚損に対処したとは言えず、「異臭」に対する対策も不十分です。臭いの染み込んだ状態を完全に取り除くためには、壁紙の貼り替えや体液によって汚染された床下のコンクリート表面の剥離など、さらなる作業が必要なのです。通常行われるような原状復帰作業などを行うハウスクリーニング業者では、このようなケースに対応することができません。特殊清掃の技術を有する業者に依頼する必要があるのです。特殊清掃業者は、専門的な知識と経験を持ち、遺品整理における特殊な状況に適切に対処する能力を持っています。安全かつ効果的な清掃作業を行い、遺族並びに関係者の安心を守るために重要な存在といえるでしょう。

家財整理や家財処分

遺品整理は、故人の所有物を整理する家財整理の一環であり、最近では終活の一環として事前に家財整理を行うものとしての傾向が見られます。例えば、「断捨離」という概念が一時期流行し、片づけ事に関する書籍や断捨離を解説する動画の登場も増えました。これは片づけ、整理の概念を端的に一つの言葉で表しています。
「生前整理」は、終活において無駄を省いたミニマルな生活に移行することを意味するだけでなく、自らの死後に家族などに迷惑をかけたくはないという思いから発生した考え方です。この整理のタイミングとしては、高齢者施設や老人ホームへの移転時に家財整理を行い、遺言書を作成するなどで、近年この考え方に従って行動する人は増えているようです。
近年、「生前整理」がよく行われるようになったのには、このような終活をはじめとする家財整理志向の一般化という背景があります。遺品整理業者も生前整理をメニューの中に持つ場合が増えていますので、相談してみると早期に悩みを解消することができるかもしれません。

片付けや残置物処分、残置物回収

遺族による遺品整理以外に、不動産会社や管理会社が行う整理のケースも存在します。概述の通り、遺品整理は不動産の売却前に必要な場合があるのですが、賃貸契約で故人がその死後の財産管理者を明確に指定していない場合もあります。特に「孤独死」と呼ばれる独居状態で亡くなったケースがそれに該当します。この場合は残された物品は物件の管理側(管理会社や不動産所有者)が撤去しなければなりません。
しかしながら従来の枠組みの中では、所有権が明確になっていない残置物は長期間にわたり物件の入れ替えを妨げるケースが少なくなかったのです。この問題の解決策として、国土交通省は2021年5月に新たな標準契約約款を作成し、「残置物に関する項目」が導入されました。賃貸契約として限定されていましたが、保証会社などの第三者も管理者として指定することが可能になったのです。
この改定は、不動産所有者にとって有益な変更であるのは確かですが、これまで高齢者など生活弱者と呼ばれる層が物件への入居を拒まれるケースにおいて、契約書上で将来の管理者が明確になることで、独居高齢者などの生活弱者が物件を借りやすくなるというメリットも同時に生み出されました。片付けや残置物処分、残置物回収において、遺族や関係者だけでなく、不動産管理者としても適切な対応が重要であることが示されたと言えるでしょう。 これらを踏まえ賃貸空家残置物処分については、契約時に明確に取り決めることでトラブルを防止することが重要となります。さらに、遺品整理には個人情報の取り扱い及び法的手続きなど、色々な事象が存在するため、不動産会社や管理会社が賃借人の遺品整理を行う場合には、適切な知識や経験が必要となります。この状況に対し現在では、国や自治体、民間業者などが連携した一般社団法人を立ち上げて、遺品整理や残置物処分についての取り組みが行われるようになりました。公的機関と民間業者の連絡が行われ、トラブルの防止や、遺族や物件の持ち主の負担軽減にもサポートが入るようになったのです。

一般社団法人全国居住支援法人協議会 ウェブサイト
社会福祉法人 全国社会福祉協議会 ウェブサイト

まとめ

遺品整理は、故人との突然の別れに直面しその現実と向き合う必要がある時に行われる作業です。このような状況下では、様々な手続きを行う必要があり、余裕を失いがちな局面で行われるつらい作業と言えます。遺品整理はこれらの手続きの最後の仕上げとも言えるものです。
まずは相続などの法的手続きをしっかりと終えることが非常に重要となります。法的な内容を含んでいるため、個人がそれらを効率的に行うことは難易度が高い作用です。はじめから弁護士や行政書士などの専門家に頼ることは良い選択かもしれません。これらの専門家に依頼することで手続きがスムーズに進み見落としを防ぐこともできるでしょう。
その後に行うのが遺品整理となりますが、この作業も廃棄、清掃、リサイクルなどの高い専門知識を持つ業者を選ぶことで、費用の削減だけでなく、故人や遺族の意思を尊重した整理を行うことが可能になると思われます。一般的にどこに頼んだら良いのかはその時が来るまで考えることが少ないかもしれません。※死を想像してもその後の具体的な作業は想像でわかるものではありませんから。
こういった遺族となられた方々の困難な状況に役立つのが、専門サイトによる比較記事や情報なのです。当サイトの記事を活用していただくことで、後悔のない遺品整理を行っていただければ幸いです。遺品整理は、大切な故人との別れを適切に整理することです。遺族にとっての心の整理も促し、少しでも支えとなる納得できる遺品整理を成功させましょう。